頻繁にコピペしたい内容を登録しておける「Textlines」インジケーターアプレット

★画像アップ先の不調により、過去のエントリーで画像が見られないものが多数あります。もし画像の見たいものがありましたらご連絡いただければ復活するようにします。

例えば頻繁に使うコマンドとか、いちいち入力するの面倒とか思ったことありませんか?そんな時に便利なのがOMG! UBUNTU!で紹介されていた、「Textlines」インジケーターアプレット。事前に登録しておいた内容をパネルからアクセスするだけでコピーできて、文書に貼り付けられます。


Quickly Paste Frequently Used Text With This Indicator Applet
Textlines



「Textlines」の使用例


このブログは書くのに通常マークダウンを使っていて、画像に関してはサイズ調整の必要からHTMLタグを使っているのですが、そのフォーマットを以下のようにあらかじめ登録しておくと、パネルから選択するだけでその内容がクリップボードに送られます。


Textlines


あとはペーストするだけで以下のように入力でき便利です。


<a href="●●.png" target="_blank"><img src="●●.png" alt="●●●" border="0" style="max-width: 400px;"></a>

「Textlines」の入手


以下サイトに行くと「Clone or download」という緑のボタンがあるのでクリックすると、「Download ZIP」というのが出てくるのでそれをクリックしてダウンロードします。


textlines-indicator
Textlines


「Textlines」のインストール


ダウンロードしたZipファイルを解凍して中にある「textlines.py」を端末から開けば起動できるのですが、それでは不便なので手動で登録します。


インストール先


わたしは通常この手のものは「/opt」に入れているので、それを例にします。ファイルの移動に管理者権限が必要なので端末(Ctrl+Alt+T)を開いて以下を入力適用してNautilusを開きます。($は含まない)


$ sudo nautilus /opt

これで普通にアクセスできるようになるので、ダウンロードして解凍してあった「textlines-indicator-master」をフォルダごと「/opt」にドラッグ・アンド・ドロップします。つまり「/opt/textlines-indicator-master」となります。


アクセス権の確認


「textlines-indicator-master」フォルダを「右クリック」>「アクセス権」を開いて以下のように「グループ」「その他」のアクセス権を変更します。


Textlines


これで一度端末から「textlines.py」を開いて(端末の中に「textlines.py」ファイルをそのままドラッグ・アンド・ドロップしてEnter)確認してみましょう。きちんと起動できればOKです。アクセス権の修正ができていないと、権限がないと怒られます。


メニューへの登録


メニューに登録するために自身のホームに隠しフォルダ(~/.local/share/applications/)内に「Textlines.desktop」ファイルを作成します。エディタを開いて以下の内容をコピペして「Textlines.desktop」の名前で保存します。


[Desktop Entry]
Type=Application
Icon=/opt/textlines-indicator-master/textlines16x16.png
Name=Textlines
Terminal=false
Exec=/opt/textlines-indicator-master/textlines.py %f
Hidden=false

自動起動への登録(お好みで)


Dashから「自動起動するアプリケーション」を起動して「追加」から以下のように登録すればOKです。


*Dashから「Textlines」を検索してそのアイコンをドラッグ・アンド・ドロップで「自動起動するアプリケーション」に突っ込んでも登録できます。


Textlines


名前:「Textlines」
コマンド:「/opt/textlines-indicator-master/textlines.py %f」


ピンクアイコン(お好みで)


パネルに表示される「Textlines」のアイコンはデフォルトでは白い「≡」のマークなので、moebuntu仕様にしている場合見えづらいかもしれません。そこで、ピンクにしたものを用意したので、下記アイコンを右クリックからダウンロードして「textlines-indicator-master」内にある同名の「textlines16x16.png」と差し替えれば見えやすくなると思います。


Textlines


データの登録の仕方


Geditなどのエディタを起動してその中に一行ずつ登録したい内容を書き込み、自身のホームに隠しファイルとして、「.textlines」の名前で保存すればOKです。保存した内容は即座に反映されます。


Textlines


関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TOY

Author:TOY
萌え萌えmoebuntu
ようこそ!
moebuntuサイト
moebuntu wiki
お気軽にコメントください。

Auto-Translate
最新記事
最新コメント
tweet
萌え萌えAD




月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
カテゴリークラウド
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
最新トラックバック