Gimpお手軽バッチ処理でまとめて「着色」操作

★画像アップ先の不調により、過去のエントリーで画像が見られないものが多数あります。もし画像の見たいものがありましたらご連絡いただければ復活するようにします。

お天気アプリMy Weather Indicatorの萌え化 2の時アイコンの色をピンクに変えをしたのですが、一年半くらい前にGimpでお手軽バッチ処理で取り上げたバッチ処理を使って30個位あるアイコンをまとめて一気に処理したので、その手順を紹介します。


●「My Weather Indicator」の黒いアイコン。
My Weather Indicator


●「My Weather Indicator」のピンク色に変換したアイコン。
My Weather Indicator



バッチ処理する内容


手動の場合メニューの「色」>「着色」で以下のように色変えをするのですが、これと同じ操作をバッチ処理で複数のファイルまとめてやっちゃいます。


My Weather Indicator


事前にすること


Gimpでお手軽バッチ処理にある手順で「BIMP.」を導入しておきます。最近わたしの実機もUbuntu 16.04にそのままアップグレードしたのですが、「BIMP.」もそのまま引き継がれているので、Ubuntu 16.04環境でも同じ手順で導入できると思います。


着色のバッチ処理手順


「ファイル」>「Batch Image Manipulation」を開き、小画面下の「Add images」から「Add folders」を選びます。


Gimpバッチ処理


まとめて処理したい画像の入っているフォルダを選び読み込みます。


Gimpバッチ処理


次に、画面上の「Add」から「Other GIMP Procedure」を選びます。


Gimpバッチ処理


「Search:」のところで「colorize」と入れると関連する項目が出るので「gimp-colorize」を選択します。


Gimpバッチ処理


画面右側に「gimp-colorize(着色)」の設定項目があるので、変えたい色になるように数値を入力し、「OK」ボタンを押します。


*ここの数値は事前に上記「バッチ処理する内容」の手順で出しておきます。


Gimpバッチ処理


一つ前の画面に戻り、左上「Add」の左に「Gimpのアイコン」が追加されているのが確認できると思います。これで準備完了です。あとは「Apply」ボタンを押せば「Output folder」に指定された場所に書き出されます。


Gimpバッチ処理


↓こちらが実際に書き出された様子です。


Gimpバッチ処理


関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TOY

Author:TOY
萌え萌えmoebuntu
ようこそ!
moebuntuサイト
moebuntu wiki
お気軽にコメントください。

Auto-Translate
最新記事
最新コメント
tweet
萌え萌えAD




月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
カテゴリークラウド
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
最新トラックバック