マークダウンエディタ「Abricotine」は結構よさ気

★画像アップ先の不調により、過去のエントリーで画像が見られないものが多数あります。もし画像の見たいものがありましたらご連絡いただければ復活するようにします。

「Abricotine」というマークダウンエディタがOMG! UBUNTU!で紹介されていたので実際にこのブログのエントリーで試してみました。


Abricotine Is A (Awesome) Desktop Markdown Editor for Linux
Abricotineマークダウンエディタ

使ってみた


印象


直接的なプレビューが無いようなのでブログのエディタとして使うにはマークダウンでブログを書いてみたのエントリーにある「Visual Studio Code」のほうがわたし的には良さそうですが、普段マークダウンでメモを取りたいという用途にはこの「Abricotine」はとても便利そうとうのが第一印象です。その後、実はこのエントリーの前にアップしたいくつかの記事もこのエディタを使っていて、少し使い慣れてきたのですが、「Visual Studio Code」のようにライブでプレビューできなくてもまあいいかな〜という気がしてきました。これで書いて「Visual Studio Code」でプレビューするのも有りかもしれません(?)。


Abricotineマークダウンエディタ


プレビュー


プレビューは「View」>「View document in browser」もしくは「F6」で(わたしの環境では) Bluefishが立ち上がりソース(HTML)が表示されます。


●Bluefishによるソース画面
Abricotineマークダウンエディタ


で、Bluefish側の「ブラウザでプレビュー」ボタン(地球のアイコン)を押してFirefoxで実際のプレビューを確認できます。


●Firefoxでのプレビュー画面
Abricotineマークダウンエディタ


使い方触り


まあ普通に書きこんでいけばいいのですが、マークダウンの作法を知らなくても、メニューから指定(もしくはショートカットで)してタグを打ち込むことができるので、マークダウンに慣れていない人には使いやすいです。


●見出など
Abricotineマークダウンエディタ


●リンクや画像の挿入
Abricotineマークダウンエディタ
*イメージの挿入は原寸表示となるので、(ここでの例も含み)わたしは手動でhtmlタグを使って挿入しています。


●テーブルなど
Abricotineマークダウンエディタ


HTMLで書き出し


なんと言っても便利なのは直接HTMLで書き出すことができる点です。「File」>「Export as HTML」で書き出せるので、マークダウンの変換にPandoc導入にあるようなPandocで変換する必要がありません。ブログに持って行く場合は「F6」のプレビューでそのままHTMLのソースが表示されるのでエクスポートする必要はないかもしれません。


ちょっとした設定


上記スクショは「View」>「Show table of contents」にチェックを入れてサイドバーを表示しています。また、「View」>「Show blocks」で各項目の左側に項目ごとの区切りを見せる縦のラインを表示しています。


また、上記スクショでは各文章の下に赤い波線が表示されていますが、それは、「Edit」>「Spelling」で「English(us)」にチェックが入っているためで、「Disable」にすると消えますが、そのかわり、見出の「##」に付いていたブルーの色がスミ文字になってしまいます。そこで、「Edit」>「Edit preferences」を開くと「config.json」ファイルが開き、そこで「 "language": "en_US",」となっているのを「 "language": "ja",」としてみたところ見出の「##」はブルーのままで赤い波線だけ消すことができました。まあ、英文のスペルチェックはできなくなりますけどね。


導入


以下から環境にあったZIPファイルをダウンロードします。わたしの場合は「Abricotine-linux-x64.zip」です。


Abricotine
Abricotineマークダウンエディタ


ダウンロードしたZIPファイルは解凍すると中に「Abricotine」という実行ファイルがあるので、それをダブルクリックすることで起動します。


メニューに登録


メニューへの登録方法はVisual Studio Codeをメニューに登録にあるやり方と同じです。一応デスクトップファイルの内容だけ記しておきます。「~/.local/share/applications/」に「Abricotine.desktop」の名前で保存すればOKです。


[Desktop Entry]
Type=Application
Icon=/opt/Abricotine-linux-x64/Abricotine.png
Name=Abricotine
Terminal=false
Exec=/opt/Abricotine-linux-x64/Abricotine %f
Hidden=false

それと、アイコンがなかったので、情報画面(About Abricotine)にあった画像を加工して↓こちらに置いておきます。使いたい人はダウンロードして「Abricotine.png」にリネームするか上記デスクトップファイルのアイコン名を修正してお使いください。


Abricotineマークダウンエディタ

関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TOY

Author:TOY
萌え萌えmoebuntu
ようこそ!
moebuntuサイト
moebuntu wiki
お気軽にコメントください。

Auto-Translate
最新記事
最新コメント
tweet
萌え萌えAD




月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
カテゴリークラウド
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
最新トラックバック