電子ブックが作れるSigil ePubエディタがePub3に対応!

★画像アップ先の不調により、過去のエントリーで画像が見られないものが多数あります。もし画像の見たいものがありましたらご連絡いただければ復活するようにします。

5年位前にSigilでePubを編集するのエントリーで一度紹介したことがあるのですが、このたびePub3に対応したバージョンがUbuntuHandbookに紹介されていたので少し触ってみました。


Install Sigil ePub Editor 0.9.3 in Ubuntu 15.10
Sigil ePubエディタ


●Sigilを使った様子
Sigil ePubエディタ




インストール


端末(Ctrl+Alt+T)を開いて以下を入力適用すればOKです。(Terminal~$)


*Ubuntu 15.10対応16.04もすぐ対応するだろう(もうしているっぽい?)とのこと。14.04は未対応です。


sudo add-apt-repository ppa:ubuntuhandbook1/sigil
sudo apt-get update
sudo apt-get install sigil



使ってみる


約5年前に触ったきりなのでまったく覚えていない状態で使ってみたのが冒頭の画像です。ePub3対応なんですが、それ固有の部分は試していませんのでご興味のある方はご自身で確認してみてください。


編集方法


基本的には上に並んでいるアイコン例えば「h2」をクリックすれば見出しになります。画面上部の真ん中辺りの本を開いたアイコンがプレビュー画面で、隣の「<>」で以下のソース画面になります。


●ソース画面
Sigil ePubエディタ


CSS


CSSファイルは左ペインの「Styles」右クリックから「空のスタイルシートを追加」で入れることになりますが、GUIで本文と結びつける方法が(ないのかな?)わからなかったので、手動で上記ソースで付け加えました。


Sigil ePubエディタ


CSSは地色とフォントの色の設定しかしませんでしたが、Webの場合と同様に指定していけばいいでしょう。


Sigil ePubエディタ


目次の作成


目次は「ツール」>「目次」>「目次の生成」で以下のように本文から拾って作ってくれます。


Sigil ePubエディタ


設定について


「編集」>「環境設定」>「General Settings」を開くとePubがデフォルトでは「Version 2」となっているので、ePub3を扱いたい場合は「Version 3」にしましょう。


Sigil ePubエディタ


ファイル形式


Sigilで保存したファイルはそのままePubファイルとなります。


Sigil ePubエディタ


さあこれで電子本作ってAmazonで販売しましょう。そのまま通用するのかしらないけど…。


関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TOY

Author:TOY
萌え萌えmoebuntu
ようこそ!
moebuntuサイト
moebuntu wiki
お気軽にコメントください。

Auto-Translate
最新記事
最新コメント
tweet
萌え萌えAD




月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
カテゴリークラウド
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
最新トラックバック