語学学習アプリ「Anki」の「音声読み上げ設定」 3

★画像アップ先の不調により、過去のエントリーで画像が見られないものが多数あります。もし画像の見たいものがありましたらご連絡いただければ復活するようにします。

前回語学学習アプリ「Anki」の「音声読み上げ設定」 2のエントリーで予告した「Anki」アプリの「音声の読み上げ設定」をまとめて行う方法をご紹介します。事前に「AwesomeTTS」というブラグインが必要ですので、そのあたりは前回のエントリーをご覧ください。


Anki音声埋め込み設定



音声の読み上げまとめて設定


上図右上の「ブラウザー」をクリックします。するとAnkiアプリの単語帳に登録してある自分で用意した「フレーズ集」のデータベースにアクセスできます。左ペインにツリー上にあるので、そこから音声の読み上げ設定をしたい「フレーズ集」にアクセスします。下図では試験的に作った「テスト」という「フレーズ集」を開いています。画面の右側にはアクセスしたフレーズ集のレコードがあるので「Ctrl+A」で下図のようにすべて選択した状態にします。


Anki音声埋め込み設定


次にメニューから「AwesomeTTS」>「Add Audio to Selected」を開きます。すると前回のエントリーでも見た様な画面が現れます。


Anki音声埋め込み設定


わたしが用意したフレーズ集は冒頭にあるように「日本文(Front)」→「英文(Back)」となっているので、左側の「Generate using」は「Baidu Translate」、「Voice:」は「Japanese (jp)」に、右側の「Source Field:」と「Destination Field:」は共に「Front」にして、右下の「Generate」ボタンを押します。これで日本文側の音声読み上げのmp3が登録されます。レコードがたくさんある場合は少し時間がかかります。


Anki音声埋め込み設定


Frontの日本文が終わったらこんどは左側の「Generate using」は「Baidu Translate」そのままで、「Voice:」を「English, American (en)」にします。右側の「Source Field:」と「Destination Field:」は共に「Back」にして、右下の「Generate」ボタンを押します。これで英文側の音声読み上げのmp3が登録されます。


Anki音声埋め込み設定


データベースに戻って試しに一つのレコードを見ると下図のようにそれぞれの文にmp3が埋め込まれているのがわかると思います。これで完了です。


Anki音声埋め込み設定


ちなみに、Baiduの音声は音があまりきれいではないので、英文は「Generate using」から他の物を選んだほうがいいかもしれません。日本文はGoogleも使えないし他に選択肢はないんじゃないかな(?)全部は試していないのでわかりませんけど…。


ちなみにその2、そもそも音声が出ないという場合は「mplayer」をインストールしておく必要があります。たぶんそのようにエラーが表示されると思います。Ubuntu 15.10では「mplayer2」でした。「Synapticパッケージマネージャ」で検索すればインストールできます。

関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TOY

Author:TOY
萌え萌えmoebuntu
ようこそ!
moebuntuサイト
moebuntu wiki
お気軽にコメントください。

Auto-Translate
最新記事
最新コメント
tweet
萌え萌えAD




月別アーカイブ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
カテゴリークラウド
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
最新トラックバック