VirtualBoxの共有設定 その2

★画像アップ先の不調により、過去のエントリーで画像が見られないものが多数あります。もし画像の見たいものがありましたらご連絡いただければ復活するようにします。

その昔VirtualBoxで共有する方法としてVirtualBoxの共有設定というエントリーをあげましたが、そんな七面倒臭いことをする必要がないことに気がついて、最近はもっぱらその簡単な方法を使っています。普通にSambaで接続すればいいのですね。というわけでその手順をご紹介します。


VirtualBox共有設定

実機の設定(下準備)


Sambaのインストール


事前にSambaをインストールしておく必要があるので、ソフトウェアセンターから「samba」を検索してインストールしておきます。


IPアドレスの確認


実機側のIPアドレスを調べます。「システム設定」>「ネットワーク」で「IP アドレス 192.168.〜」が表示されるので、その数値をメモっておきます。


共有フォルダの設定


実機側の共有したいフォルダを右クリックから「プロパティ」>「ローカルネットワーク共有」を開いて以下のように「このフォルダーを共有する」「このフォルダー内での〜」「ゲストによる〜」にチェックを入れ「共有を作成(S)」ボタンを押します。


VirtualBox共有設定


つづいて「プロパティ」>「アクセス権」を開いて下記のようにその他の「アクセス:」も「作成と削除」に変えて閉じます。


VirtualBox共有設定


VirtualBox側の設定


Nautilusを開いて、下記のように「サーバへの接続」(もしくは「ファイル」>「サーバへの接続」)をクリックします。


VirtualBox共有設定


すると小画面が出るので、「サーバーアドレス(S)」の所に以下のように「smb://」につづいて先ほどメモっておいたIPアドレスを入力して「接続する」ボタンを押します。


VirtualBox共有設定


*一度入力しておけば「最近使用したサーバー」に登録されます。

これで実機側の共有設定したフォルダが現れます。


VirtualBox共有設定


中を開くと冒頭にあるように無事共有できています。


VirtualBox共有設定

関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TOY

Author:TOY
萌え萌えmoebuntu
ようこそ!
moebuntuサイト
moebuntu wiki
お気軽にコメントください。

Auto-Translate
最新記事
最新コメント
tweet
萌え萌えAD




月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
カテゴリークラウド
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
最新トラックバック