MicrosoftのVisual Studio Codeを使ってみた

★画像アップ先の不調により、過去のエントリーで画像が見られないものが多数あります。もし画像の見たいものがありましたらご連絡いただければ復活するようにします。

GigazineでMicrosoftのコードエディタ「Visual Studio Code」β版でオープンソース化、拡張機能で「Go」など約60言語に対応という記事があったのでUbuntu 14.04の実機でちょっと試してみました。

Visual Studio - Microsoft Developer Tools
 Visual Studio Code



入手

上記Visual Studio - Microsoft Developer Toolsの「Linux用~」をクリックすると↓このように画面が切り替わってダウンロードできます。

Visual Studio Code



起動

ダウンロードした「VSCode-linux64.zip」を解凍すると中に「Code」という実行ファイルがあるのでこれをダブルクリックすれば起動します。



試しにマークダウン

最近ちょっとマークダウンをまじめに使ってみようかと思っていたのでVisual Studio Codeで試してみました。2画面に分けて片側をプレビューにすると確認しながらマークアップができて結構いい感じです。

 Visual Studio Code

マークダウンを使う場合は画面右下にある「Markdown」のところをクリックするとHTMLなど言語のリストが出るので「Markdown」を選択します。また、画面分割は画面右上に並んでいるアイコンの一番左の四角いアイコンをクリックすると分割でき、3つ以上に分割することもできます。片側をプレビューにしたい場合は「Ctrl+Shift+V」を押せばトグルで切り替わります。HTMLでも少し試してみたんですがCSSと2画面に分けて使えるのはいいですが、プレビューはできないようでした。



ちょっとした設定

上記画面は↓以下の設定をした後のものです。

テーマの変更

Visual Studio Codeのデフォルトでの表示は黒地に抜き文字です。わたし的には見づらいというかmoebuntuのテーマに合わないので、「File」>「Preferences」>「Color Theme」>「Light」にしました。

ワードラップ

文章の折り返しの設定が見つからなかったのでぐぐったところ How to wrap text/comments in Visual Studio Code?に修正方法がありました。「File」>「Preferences」>「User Settings」を開くと、「settings.json」が開くので、以下を追記してそのまま保存すればOKです。

 { "editor.wrappingColumn": 0 }

Visual Studio Code
関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TOY

Author:TOY
萌え萌えmoebuntu
ようこそ!
moebuntuサイト
moebuntu wiki
お気軽にコメントください。

Auto-Translate
最新記事
最新コメント
tweet
萌え萌えAD




月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
カテゴリークラウド
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
最新トラックバック