「萌え電卓」インストーラー中身の解説

★画像アップ先の不調により、過去のエントリーで画像が見られないものが多数あります。もし画像の見たいものがありましたらご連絡いただければ復活するようにします。

一連の(新)「萌え電卓」HTML版アプリ化v0.5など「萌え電卓」にはsenopenさんの提供によるインストーラーが用意されていますが、これは(新)「萌え電卓」HTML版アプリ化v0.3のインストール手順(一部変更になっている)をスクリプトで自動化したもので、今回は勉強がてらその中身をご紹介します。わたし自身スクリプトのことは全くの素人なのですが、取っ掛かりにちょうど良さそうな教材じゃないかな~と思ったりしています。

●「萌え電卓」のインストーラーの中身

「萌え電卓」HTML版


わたしがにわかに勉強した内容なので何らかの認識のちがいなどあるかもしれませんが参考にしてみてください。



インストーラーの中身


#!/bin/bash

冒頭のお約束。シェルスクリプトではとりあえずこれを書けばいいらしい。
【追記】以下senopen さんからコメントにて
ファイル先頭のこの1行をShebang(シバン,シェバン)と呼びます。
以下のようにファイル名でスクリプトを実行するときは,#!からファイルが始まるとその直後のプログラムでファイルを実行してくれます。ここでは/bin/bashでファイル内容を実行しています。
./install-linux.sh



cp ./moecalc.desktop ~/.local/share/applications/

「cp」はコピーコマンドで「moecalc.desktop」を「~/.local/share/applications/」にコピーする。


mkdir -p /opt/MoeCalc

「mkdir」はディレクトリを作るコマンドで、「/opt/MoeCalc」に「MoeCalc」フォルダ(ディレクトリ)を作ります。
「 -p」は指定したディレクトリをサブディレクトリごと作成する。ツリー状のディレクトリも作成可能
【追記】以下senopen さんからコメントにて
-pオプションを付けない場合,ディレクトリが既に存在するとエラーが出ます。エラーが出ると面倒なので-pオプションをつけました。


cp -r ./* /opt/MoeCalc/

「cp」はコピーコマンドで「 -r」はディレクトリを中身ごとコピーします。
「./*」のアスタリスクはその(コピー元の)ディレクトリ内の全てのファイルが対象ということですね。


ln -s /opt/MoeCalc/moecalc /usr/bin/

「ln」はリンクを作るコマンドで、「 -s」をつけるとシンボリックリンクの作成となります。
「/opt/MoeCalc/moecalc」の「moecalc」を「/usr/bin/」内にリンクされたファイルを置くことになります。

(新)「萌え電卓」HTML版アプリ化v0.3のインストール手順と違う部分で、上記の操作でパスが通ってログアウトしなくてもDashから認識されます。



●「萌え電卓」のアンインストーラーの中身
「萌え電卓」HTML版


アンインストーラーの中身


rm ~/.local/share/applications/moecalc.desktop

「rm」はリムーブ(削除)コマンドで、「~/.local/share/applications/moecalc.desktop」の「moecalc.desktop」ファイルを削除します。


rm -rf /opt/MoeCalc

「 -rf」は「-r」と「-f 」を合わせたものでいいのかな(?) ←いいそうです。
「-r」はディレクトリを再帰的に(中身ごと)削除します。
「-f 」は存在しないファイルがあってもエラーを返しません。

【追記】以下senopen さんからコメントにて
コマンドのオプションはなんらかの英単語の省略形であることが多いです。元々の英単語を知っていると覚えやすいです。例えば以下のオプションはいろんなコマンドで使われてます。
-a: all,全て
-r: recursive,(ディレクトリを)再帰的に
-p: parent,親ディレクトリ
-f: force,強制的に
-l: long,詳細に



【参考】:Linuxコマンド一覧
【参考】:シェルスクリプト入門 書き方のまとめ


【追記】以下senopen さんからコメントにて
シェルスクリプトについて勉強するなら,以下の本。
ブルース ブリン (2003) : 入門UNIXシェルプログラミング.



Newham, Cameron & Rosenblatt, Bill (2005) : 入門bash 第3版.



Linuxコマンドについて以下の本で知識を得れば十分と思います。
沓名 亮典 & 平山 智恵 (2009) : 【改訂新版】 Linuxコマンド ポケットリファレンス (Pocket Reference) .

.

後はLPICという資格試験もLinuxコマンドなどの勉強になります。受験料は高いですが(苦笑)。
ご参考までに。

関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

補足など

ブログ記事を見ていると設定などでコマンドを使っているので,Linuxコマンドもご存知なのだと思っていました。

たいしたことはやっていないのですけど,簡単に補足します。

> #!/bin/bash
ファイル先頭のこの1行をShebang(シバン,シェバン)と呼びます。
以下のようにファイル名でスクリプトを実行するときは,#!からファイルが始まるとその直後のプログラムでファイルを実行してくれます。ここでは/bin/bashでファイル内容を実行しています。
./install-linux.sh

> mkdir -p /opt/MoeCalc
-pオプションを付けない場合,ディレクトリが既に存在するとエラーが出ます。エラーが出ると面倒なので-pオプションをつけました。

> 「 -rf」は「-r」と「-f 」を合わせたものでいいのかな(?)
そのとおりです。

コマンドのオプションはなんらかの英単語の省略形であることが多いです。元々の英単語を知っていると覚えやすいです。例えば以下のオプションはいろんなコマンドで使われてます。
-a: all,全て
-r: recursive,(ディレクトリを)再帰的に
-p: parent,親ディレクトリ
-f: force,強制的に
-l: long,詳細に

シェルスクリプトについて勉強するなら,以下の本。
ブルース ブリン (2003) : 入門UNIXシェルプログラミング. http://amazon.co.jp/o/ASIN/4797321946/.
Newham, Cameron & Rosenblatt, Bill (2005) : 入門bash 第3版. http://amazon.co.jp/o/ASIN/4873112540/.

Linuxコマンドについて以下の本で知識を得れば十分と思います。
沓名 亮典 & 平山 智恵 (2009) : 【改訂新版】 Linuxコマンド ポケットリファレンス (Pocket Reference) . http://amazon.co.jp/o/ASIN/4774138169/.

後はLPICという資格試験もLinuxコマンドなどの勉強になります。受験料は高いですが(苦笑)。
ご参考までに。

Re: 補足など

senopenさん

ご丁寧に補足ありがとうございます。勉強になります。

>ブログ記事を見ていると設定などでコマンドを使っているので,Linuxコマンドもご存知なのだと思っていました。

ごくごく簡単なものは知っているのですが、今まで勘を頼りにここまで来ているのでオプションまではきちんと理解していません。実際に必要性を感じないとなかなかそこまで手が回らないですね〜。
プロフィール

TOY

Author:TOY
萌え萌えmoebuntu
ようこそ!
moebuntuサイト
moebuntu wiki
お気軽にコメントください。

Auto-Translate
最新記事
最新コメント
tweet
萌え萌えAD




月別アーカイブ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
カテゴリークラウド
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
最新トラックバック