Java 8のインストール

★画像アップ先の不調により、過去のエントリーで画像が見られないものが多数あります。もし画像の見たいものがありましたらご連絡いただければ復活するようにします。

先日Java 7、サポート切れまで残り1カ月でも44.5%が利用継続中 - TM調査という記事を見かけたので、実機(Ubuntu 14.04)のJavaのバージョンを調べたら「7」のままでした。ということで、以下の記事を参考にJava 8をインストールしました。
Install Oracle Java 8 In Ubuntu Via PPA Repository [JDK8] 
Java 8



Javaのバージョンの確認方法

端末を開いて以下を入力適用すればわかります。($は含まない)

$ java -version   

「Java 8」であれば以下のような表示が出ます。「Java 7」だと「1.7.~」の表示が出ます。

Java 8



Java 8のインストール

端末を開いて以下を入力適用すればOKです。($は含まない)

*Ubuntu 15.04、14.10、14.04、12.04、10.04に対応しています。

$ sudo add-apt-repository ppa:webupd8team/java
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install oracle-java8-installer


無事導入ができたらもう一度バーションを確認してみましょう。
関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TOY

Author:TOY
萌え萌えmoebuntu
ようこそ!
moebuntuサイト
moebuntu wiki
お気軽にコメントください。

Auto-Translate
最新記事
最新コメント
tweet
萌え萌えAD




月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
カテゴリークラウド
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
最新トラックバック