AA対策とBitmapフォントの無効化

★画像アップ先の不調により、過去のエントリーで画像が見られないものが多数あります。もし画像の見たいものがありましたらご連絡いただければ復活するようにします。

このネタ以前アスキーアートをきれいに表示そして…のエントリーで取り上げたことがあるのですが、Ubuntu 14.04以降(?)若干変わった部分があるので、あらためて取り上げます。まずUbuntuでアスキーアートをきれいに表示するには以前同様MSゴシックと互換性のあるIPA モナー Pゴシックをブラウザーのフォント設定で指定すればいいのですが、そのままだと、アスキーアートはきれいに表示されるものの、一定の大きさの文字が汚く表示される現象があります。これはモナー Pゴシック内のビットマップフォントが表示されるためで、それの無効化処理をすることで文字もきれいに表示されるようになります。

●IPA モナー Pゴシック適用で汚い文字表示
Bitmapフォント無効化

●IPA モナー Pゴシック適用+ビットマップフォントの無効化できれいな文字表示
Bitmapフォント無効化


ビットマップフォントの無効化

基本的には以前の方法と同じなのですが、Ubuntu 14.04以降(?)「.fonts.conf」ファイルがなくなっているため、以前紹介したように「.fonts.conf」を編集してという手順ではなくなりました。で、どうすればいいかというと、「.fonts.conf」を新たに作ってあげればいいのです。ホームで「Ctrl+H」して隠しファイルを見えるようにして、右クリックから「新しいドキュメント」>「空のドキュメント」を作りファイル名を「.fonts.conf」としエディターで開き以下をコピペして保存します。これでOKです。Ubuntu 14.04、14.10で確認しました。


これでブラウザーを再起動させれば文字がきれいに表示されているのが確認できます。


IPAモナーフォントの入手

順番が前後しますが、IPAモナーフォントの入手先はこちらになります。ダウンロード先にも書いてありますが、アーカイブ中の fonts/*.ttf が「IPAモナーフォント」です。

ちなみにFirefoxでのフォントの指定は「編集」>「設定」>「コンテンツ」>「既定のフォント」、Chromeは「設定」>「詳細設定の表示」>「ウェブコンテンツ」>「フォントをカスタマイズ}です。

アスキーアートがきれいに見れるかどうかは2ch面白いAA辞典あたりで確認するといいでしょう。

関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TOY

Author:TOY
萌え萌えmoebuntu
ようこそ!
moebuntuサイト
moebuntu wiki
お気軽にコメントください。

Auto-Translate
最新記事
最新コメント
tweet
萌え萌えAD




月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
カテゴリークラウド
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
最新トラックバック