起動Splashのセルフコンパイル

★画像アップ先の不調により、過去のエントリーで画像が見られないものが多数あります。もし画像の見たいものがありましたらご連絡いただければ復活するようにします。

moebuntuの起動Splashは、

ubuntu 8.04以降に一応対応していますが、

もし、何らかの原因でうまくいかない場合、

自分自身でソースをコンパイルしてみてください。


コンパイルの仕方


※9.10用の起動Splashを例にします。

(1)コンパイルに必要なパッケージをインストールしておきます。
sudo apt-get install libusplash-dev

(2)home上に作業用のフォルダーを作ります。
名前は何でもかまいませんが、ここでは説明上moeというフォルダーを
作ることにします。

(3)必要な起動Splashのソースファイル
(usplash-theme-moebuntu_910v2.tar.gz)をダウンロードして、
moeのフォルダーに移動し、解凍しておきます。

(4)端末を立ち上げmoeフォルダー内の
解凍したusplash-theme-moebuntu_910v2フォルダーに移動します。。
cd moe/usplash-theme-moebuntu_910v2

(5)コンパイルします。
sudo make




うまくいけばusplash-theme-moebuntu.soというファイルができます。

このファイルを起動Splashどうにゅうの手順にしたがって

StartUp-Managerに登録すれば完了です。

再起動して確認しましょう。


このやり方を覚えておけば、

今後ubuntu 10.04が出たときなどいち早く

moebuntu用起動Splashをどうにゅうできます。

(起動Splashの仕組みが変わってなければですが)

関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TOY

Author:TOY
萌え萌えmoebuntu
ようこそ!
moebuntuサイト
moebuntu wiki
お気軽にコメントください。

Auto-Translate
最新記事
最新コメント
tweet
萌え萌えAD




月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
カテゴリークラウド
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
最新トラックバック