Ubuntu 14.10の萌え化状況 その2

★画像アップ先の不調により、過去のエントリーで画像が見られないものが多数あります。もし画像の見たいものがありましたらご連絡いただければ復活するようにします。

前回Ubuntu 14.10の萌え化状況エントリーのときに、未確認だった起動画面(Plymouth)の萌え化もやってみました。そして、VirtualBoxでリカバリーモードでないと起動できなかったのが、先日のアップデートで通常起動できるようになりました。Ubuntu Tweakはまだ起動できないので(リカバリーモードのせいじゃなかった)ログイン画面(LightDM)の萌え化はいまのところ前回のエントリーのままです。

起動画面(Plymouth)の萌え化


Ubuntu 12.04Plymouth


やり方はUbuntu 14.04の時と全く一緒です。「/lib/plymouth/themes」中にある「default.plymouth(リンクファイル)」をエディターで開き、以下の内容と丸々差し替え保存でOKでした。くわしくはmoebuntuサイトの「HOW TO MOEBUNTU」>「起動画面の萌え化」をご覧ください。

*上記スクショのPlymouthのテーマ「moeplymouth_2」の場合です。また、「moeplymouth_2」は予め「/lib/plymouth/themes」中に入れておきます。

[Plymouth Theme]
Name=moeplymouth_2
Description=A theme that features a background with a logo.
ModuleName=script
[script]
ImageDir=/lib/plymouth/themes/moeplymouth_2
ScriptFile=/lib/plymouth/themes/moeplymouth_2/moeplymouth.script 


この機会にちょっと補足ですが、この
「default.plymouth(リンクファイル)」の内容は「moeplymouth_2」の中にある「moeplymouth_2.plymouth」の内容と同じになります。つまり、「moeplymouth_2」の中にある「moeplymouth_2.plymouth」の内容を「default.plymouth(リンクファイル)」の内容と差し替えればOKということです。
関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TOY

Author:TOY
萌え萌えmoebuntu
ようこそ!
moebuntuサイト
moebuntu wiki
お気軽にコメントください。

Auto-Translate
最新記事
最新コメント
tweet
萌え萌えAD




月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
カテゴリークラウド
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
最新トラックバック