Ubuntu 14.10の萌え化状況

★画像アップ先の不調により、過去のエントリーで画像が見られないものが多数あります。もし画像の見たいものがありましたらご連絡いただければ復活するようにします。

前回Ubuntu 14.10をインストールエントリーに引き続きUbuntu 14.10ファイナルβ版の萌え化をやってみましたのでその状況をお知らせします。

Ubuntu 14.10ファイナルβ版萌え化


Ubuntu 14.10ファイナルβ版萌え化

このようにデスクトップ周りは問題なく萌え化できるようです。テーマファイルは「Moe-Pink6」を適用しています。萌え化に使ったのは「Unity Tweak Tool」と「CompizConfig設定マネージャー」です。ほんとうは「Ubuntu Tweak」を使いたかったのですが、残念ながらインストールはできたものの起動が出来ませんでした。前回のエントリーで書きましたが、現状これは仮想環境(VirtualBox)でリカバリーモードを使って立ち上げているので、それが影響している可能性もあります。もしかしたら「Ubuntu Tweak」がまだきちんと対応できていないのかもしれません。ただ、ここを見ると「ppa:tualatrix/next」のPPAを追加して使えてるっぽいんですよね。

ちなみに「Unity Tweak Tool(unity-tweak-tool)」はUbuntuソフトウェアセンターからインストールできます。テーマファイルなどは予め所定の位置(くわしくはmoebuntuサイトの「HOW TO MOEBUNTU」をご覧ください。)に入れておき、「Unity Tweak Tool」を立ち上げて「Theme」から「Windows decoration theme」を「Moe-pink6」に、「Icons」タブ、「Fonts」タブなどを設定します。ランチャー周りは従来通り「CompizConfig設定マネージャー」で設定できます。


ログイン画面(現状)

Ubuntu 14.10ファイナルβ版萌え化

「Ubuntu Tweak」が使えないため「dconfエディター」でできないか試したのですが、左下のmoebuntuのロゴと、画面のドットを消す設定しかできませんでした。

Ubuntu 14.10ファイナルβ版萌え化


起動画面(Plymouth)

こちらはまだ確認できてませんが、恐らくUbuntu 14.04の場合と同じじゃないかと踏んでいます。
関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TOY

Author:TOY
萌え萌えmoebuntu
ようこそ!
moebuntuサイト
moebuntu wiki
お気軽にコメントください。

Auto-Translate
最新記事
最新コメント
tweet
萌え萌えAD




月別アーカイブ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
カテゴリークラウド
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
最新トラックバック