Mozcの辞書を強化する方法

★画像アップ先の不調により、過去のエントリーで画像が見られないものが多数あります。もし画像の見たいものがありましたらご連絡いただければ復活するようにします。

*バージョンの違いなどで現在以下の方法ではうまくいかないかもしれません。Mozcの辞書を強化する方法 その2のエントリーをご覧ください。

その昔憩いの場のSawaさんがMozcの強化辞書を公開してくれていたのですが、大人の事情で取りやめになったため、その後ずーと素の状態で使っていたのですが、やはり不満を感じるようになったというか、やり方がわかったのでMozc UT Dictionaryを導入することにしました。ちょうどUbuntu 14.04 LTSも出て環境を一新する方も多いと思いますので、参考にしてみてください。

Mozc UT Dictionary
Mozc UT Dictionary

上記サイトの強化辞書は自分でコンパイルしないといけないので、導入のハードルがちょっと高いですが、わたしはUbuntu 13.10の実機と仮想環境のUbuntu 14.04で導入してみてうまくいったので、これから説明する方法で大丈夫だと思います。


参考にしたサイト

Ubuntu 13.10 × Fcitx × Mozc UT でさいきょうの日本語入力を実現する
Mozcに辞書追加 on LMDE201403



辞書のソースをダウンロード

まずMozc UT Dictionaryサイトの下の方にある「Download:」からPatched source code (NICODIC="false"):の「mozc-ut-◯◯◯.7z」をダウンロード&解凍して作業しやすいようにホームディレクトリに移動しておきます。



コンパイルのための準備

端末を開いてコンパイルに必要な物を以下のコマンドで導入します。
(Linux Terminal ~$)
sudo apt-get install debhelper devscripts libibus-1.0-dev libssl-dev libxcb-xfixes0-dev python-dev gyp libqt4-dev libuim-dev libzinnia-dev fcitx-libs-dev

Ubuntu 13.10 × Fcitx × Mozc UT でさいきょうの日本語入力を実現するに書かれている上記のものだけでは不足がありエラーになるので、以下もインストールします。
(Linux Terminal ~$)
sudo apt-get install libgtk2.0-dev protobuf-compiler libprotobuf-dev



コンパイルする

端末からホームディレクトリに移動しておいた「mozc-ut-◯◯◯」フォルダに移動します。
(Linux Terminal ~$)
cd mozc-ut-◯◯◯

*「mozc-ut-◯◯◯」はバージョンによって置き換えてください。今回の場合は「mozc-ut-1.13.1651.102.20140320」となります。

以下のコマンドでコンパイルします。すこし時間がかかります。
(Linux Terminal ~$)
debuild -b -uc -us -d

コンパイルがうまくいけばホームディレクトリに以下のようにいくつかのDebパッケージのファイルができます。ここまで来れば一安心です。
Mozc UT Dictionary

出来たファイル一覧
emacs-mozc-bin_1.13.1651.102-10_amd64.deb
emacs-mozc_1.13.1651.102-10_amd64.deb
fcitx-mozc_1.13.1651.102-10_amd64.deb ←必要なファイル
ibus-mozc_1.13.1651.102-10_amd64.deb
mozc-data_1.13.1651.102-10_all.deb ←必要なファイル
mozc-server_1.13.1651.102-10_amd64.deb ←必要なファイル
mozc-utils-gui_1.13.1651.102-10_amd64.deb ←必要なファイル
mozc_1.13.1651.102-10_amd64.build
mozc_1.13.1651.102-10_amd64.changes
uim-mozc_1.13.1651.102-10_amd64.deb



既存のパッケージを一旦削除

元々インストールしてあったパッケージをコンパイルした新しいファイルと入れ替えるため一旦削除します。
(Linux Terminal ~$)
sudo apt-get remove mozc-server mozc-utils-gui



ビルドしたDebパッケージのインストール

端末を新たに開いて(ホームディレクトリで)以下のコマンドを入力適用することでまとめてインストールできます。
(Linux Terminal ~$)
sudo dpkg -i mozc*.deb fcitx-mozc*.deb

*Fcitx-Mozcの場合です。他の環境の場合は「fcitx-mozc*.deb」を「ibus-mozc*.deb」などに置き換えればいい(?)気がします。


導入後の確認

導入が済んだら一度再起動してください。エディターか何かを開いてMozc UT Dictionaryに例としてある「いんたーねっと ⇨ Internet」など試してきちんと変換されるか確認しましょう。

関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

感謝感激!念願のUT辞書が使えるようになりました。ちょっとインストのとこだけ手動操作になりましたが、上手く行きました。ありがとうございました。

Re: No title

satouさん

うまくいきましたか。よかったですね。
プロフィール

TOY

Author:TOY
萌え萌えmoebuntu
ようこそ!
moebuntuサイト
moebuntu wiki
お気軽にコメントください。

Auto-Translate
最新記事
最新コメント
tweet
萌え萌えAD




月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
カテゴリークラウド
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
最新トラックバック