UbuntuでGyaO!を視るChrome編

★画像アップ先の不調により、過去のエントリーで画像が見られないものが多数あります。もし画像の見たいものがありましたらご連絡いただければ復活するようにします。

以前UbuntuでGyaO!が「普通」に視れるのエントリーでFirefoxでGyaO!を視るための設定方法をご紹介しましたが、Chrome系でも同様の方法で可能です。というかもうちょっと簡単で、さらに便利が機能もあります。

Chromeで視る


How toFirefoxの場合と同様にUser Agent Switcherを使います。


User Agent Switcherをインストール

User Agent SwitcherをUser-Agent Switcher for Chromeからインストールします。


User Agent Switcherの設定

インストールが終わったらブラウザーの右上にUser Agent Switcherのアイコンが現れるので、そこをクリックして「Firefox」>「Windows Firefox 15」を選択するだけです。これでGyaO!が再生できます。ここでは例として「Windows Firefox 15」を選びましたが、GyaO!がサポートしているブラウザの偽装であれば他のものを選んでも再生できると思います。

Chromeで視る


そしてここに登録されているUser-Agent String」はFirefoxのUser Agentの設定にも流用できます。たとえば「Windows Firefox 15」の「User-Agent String」は「Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; rv:15.0) Gecko/20120427 Firefox/15.0a1」ですがこれをFirefoxのUser Agentの設定にコピペすればOKです。きちんとGyaO!が再生されます。

Chromeで視る


さらに便利な設定

ChromeのUser Agent Switcherにはさらに便利な機能がありまして、次に紹介する設定をすると、いちいちGyaO!を視るときに偽装の手順を踏まなくても自動的に偽装してくれるようにできます。User Agent Switcherのアイコンから「setting」>「Permanent Spoof list」と開いて、「domein」のところに「gyao.yahoo.co.jp」と入れ「「User-Agent String」に以下の図のように「Windows Firefox 15」などを選び「add」ボタンを押します。

Chromeで視る

Chromeで視る

これでGyaO!アクセスした時に自動的に偽装してくれます。


Iron(もしかしたらChromiumも?)ブラウザー向けTips

Chromeの拡張機能(プラグイン)をインストールする際、Ironブラウザーではインストールできないものがあります(ありました)。どの機能拡張だったか忘れましたがUser Agent Switcherを(Chrome defaultだったかな?)使うときちんとChromeブラウザーと認識してくれてインストール出来ました。インストールさえできればそれ以降きちんと機能する(?)ので試してみてください。
関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TOY

Author:TOY
萌え萌えmoebuntu
ようこそ!
moebuntuサイト
moebuntu wiki
お気軽にコメントください。

Auto-Translate
最新記事
最新コメント
tweet
萌え萌えAD




月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
カテゴリークラウド
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
最新トラックバック