mp3タグ編集に便利Picard

★画像アップ先の不調により、過去のエントリーで画像が見られないものが多数あります。もし画像の見たいものがありましたらご連絡いただければ復活するようにします。

普段タグ編集はEasy Tagを使っているのですが、先日実機のUbuntuを13.10に上書きアップグレードしてからEasy Tagが調子悪くなって(その後最近直った)、代わりになるものを探したらPicardというのがありましてこれが非常に調子良かったのでご紹介します。


Picard


何がいいかといいますと、タグ内容をMusicBrainzってサイトに取りに行って自動的に取得してくれるっていうところです。Easy Tagにもそういう機能があるっぽいのですがよくわからなくて使ったことありませんでした。もちろんMusicBrainzに登録されていないものは取得できないのですが、先日発売になったばかりのClariSのClickなんかも以下にあるように登録されていて取得出来ました。






インストール


Ubuntuソフトウェアセンターから「Picard」を検索でインストールできます。



使い方


Picard

メニューの「Add Folder」からタグ編集したいmp3などの音楽ファイルを開き、「Claster」を押すと「Unmatched Files」に入るのでそのフォルダを選択して「Lookup」ボタンを押します。すると右側の欄にCDのアイコンが現れMusicBrainzのデータベースにあるタグデータが読み込まれます。マッチすれば「Unmatched Files」が「0」になります。また、マッチしないファイルがあった場合は、右側のCDのアイコンクリックして該当するファイル(あれば)にドラッグドロップすればOKです。あとはCDアイコンを選択した状態で「Save」ボタンを押せば実際に書き込まれます。その様子は画面真ん中から下にある「Original Value」と「New Value」で確認できます。

*もし音楽ファイルを開いた時に既存の情報が表示しない場合は「Scan」ボタンを押すといいと思います。きっと。
*「Original Value」が元ファイルの状態で、「New Value」が新しいタグ付けです。




オプションでカバーアートの設定


メニューの「Option」>「Option」を開くと「Cover Art」の項目がありここでカバーアートの設定ができます。
デフォルトでは「Embeted cover images into tags」にだけチェックが入っていると思いますが、以下の設定をするといいかもしれません。

「Embeted cover images into tags」(ジャケットをタグに埋め込む)
「Save cover images as separate files」(ジャケットを別途ファイルとして保存する)
「Coverart Provider」>「Amazon」{ジャケットの入手元>Amazon}



参考


英語ですが見ているとなんとなくわかると思います。

関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TOY

Author:TOY
萌え萌えmoebuntu
ようこそ!
moebuntuサイト
moebuntu wiki
お気軽にコメントください。

Auto-Translate
最新記事
最新コメント
tweet
萌え萌えAD




月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
カテゴリークラウド
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
最新トラックバック