UbuntuでアプリのPATHの通し方

★画像アップ先の不調により、過去のエントリーで画像が見られないものが多数あります。もし画像の見たいものがありましたらご連絡いただければ復活するようにします。

前回Unityパネルに音楽プレイヤーを登録のエントリーで出てきたMusiqueという音楽アプリはわたしの環境ではパスが通っていなかったのでその通し方を紹介します。他のアプリでも似たようなことがあるかもしれませんので参考にしてみてください。

パスが通っているかどうかは端末を開いてアプリ名を入れてそのアプリが起動するかどうかでわかります。MusiqueはインストールされていてDashから起動できるのに端末からは出来なくて変だな~と思っていてパスが通っていないことに気づきました。

アプリの保存先を調べる

まず事前にアプリの保存先を調べておきます。アプリはUbuntu フォルダー構造 その11 - アプリのインストール先 によると以下のいずれかになるそうです。Musiqueの場合保存先が「/opt」にありました。
• /bin・/sbin
• /usr
• /usr/local
• /opt 


.profileの編集

保存先がわかったところで「home」>「.profile」ファイルをGeditなどで開き編集します。

*「.profile」は隠しファイルになっているので、Nautilus上「Ctrl+H」で表示されるようになります。

Profile 設定

「.profile」ファイルを開いたら上図のように一番下に以下のように書き加えます。
export PATH=$PATH:/opt/musique
つまり書き方は↓このようになります。
export PATH=$PATH:+「アプリのあるディレクトリのリンク」
これで一度ログアウトすればパスが通ります。


関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TOY

Author:TOY
萌え萌えmoebuntu
ようこそ!
moebuntuサイト
moebuntu wiki
お気軽にコメントください。

Auto-Translate
最新記事
最新コメント
tweet
萌え萌えAD




月別アーカイブ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
カテゴリークラウド
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
最新トラックバック