アスキーアートをきれいに表示そして…

★画像アップ先の不調により、過去のエントリーで画像が見られないものが多数あります。もし画像の見たいものがありましたらご連絡いただければ復活するようにします。

UbuntuなどLinux環境のWebブラウザーでアスキーアートをきれいに表示するにはMSゴシックと互換性のあるIPA モナー Pゴシックをブラウザーのフォント設定で指定すればいいのですが、デスクトップ環境をUbuntu 13.04(12.10)にしてからわたしの環境では一定の大きさの文字が汚く表示されるようになり実用に耐えられなくなってしまいました。ここしばらくは背に腹は変えられないという事でTakaoフォントに切り替えていましたが対策方法がわかりましたのでお知らせします。原因はある一定の文字がビットマップで表示されるようになったためで、以下のサイトにビットマップ表示の無効化の方法がありました。

PCLinuxOS のフォントのレンダリングが汚い?
Operation Normal ?

Ubuntuの場合も上記で紹介されているやり方でOKでした。ホームで「Ctrl+H」して隠しファイルを見えるようにして、「.fonts.conf」をエディターで開いて以下を追記するだけです(</fontconfig>の上でOK)。

これでビットマップ表示が無効化されるので、FirefoxやChromeブラウザーでIPA モナー Pゴシックを指定した際にきれいに表示されるようになります。その上のLibreOfficeなどでIPA モナー Pゴシックを使った際もその恩恵がうけられます。

ちなみにFirefoxでのフォントの指定は「編集」>「設定」>「コンテンツ」>「規定のフォント」、 Chromeは「設定」>「詳細設定の表示」>「ウェブコンテンツ」>「フォントをカスタマイズ}です。

アスキーアートがきれいに見れるかどうかは2ch面白いAA辞典あたりで確認するといいでしょう。

IPA モナー Pゴシック指定で汚い表示
IPA モナー Pゴシック汚い

IPA モナー Pゴシック指定できれいな表示(ビットマップ無効化)
IPA モナー Pゴシックきれい

関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TOY

Author:TOY
萌え萌えmoebuntu
ようこそ!
moebuntuサイト
moebuntu wiki
お気軽にコメントください。

Auto-Translate
最新記事
最新コメント
tweet
萌え萌えAD




月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
カテゴリークラウド
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
最新トラックバック