青空文庫をルビ付きで読めるXJP2

★画像アップ先の不調により、過去のエントリーで画像が見られないものが多数あります。もし画像の見たいものがありましたらご連絡いただければ復活するようにします。

ちょっと思うことあってUbuntuで青空文庫のテキストファイルをルビ付き読む方法を探したところ、XJP2にたどり着いたのですが、導入にちょっと苦労したのでそのHow toをご紹介します。ルビ付きにこだわらなければその昔Calibreがちょっと面白いのエントリーで紹介したCalibreを使って青空文庫のXHTMLフォーマットの文章を変換して読むことができます。試してはいませんが、オープンソースの電子書籍管理ソフト「Calibre」を使いこなそう!のやり方でできると思います。青空キンドルを使ってPDFにする方法もあるようです。

XJP2


\万が一その気があったらお願いします。/
●受取人の欄にmoebuntu★gmail.com(「★」は「@」に置き換える)で寄付(15円〜)できます。
Amazonギフト券(Eメールタイプ)

導入に苦労したのは参考にしたサイトの情報が古かったり環境が違ったりしていたためで、書いてあるとおりではうまくインストール出来なくて一度諦めかけました。ちなみにわたしの試した環境はUbuntu 12.04 64bitの実機です。そして最初に参考にしたのが以下のサイトです。

XJP2 で青空文庫を読む [Ubuntu]

青空文庫ビューワー XJP2 インストールの覚書

青空文庫ビューワーXJP2_2.9.3のインストールでエラーが出て先に進めない(初心者)

何百冊もの文庫本を「NetWalker」で持ち歩き読書欲を満足させる方法~XJP2編~

これらを参考にインストールしたところ、不完全な形でのXJP2の起動までは辿りつけたのですが、端末操作した時の挙動も怪しかったのもあり、そこ止まりでした。

その後気を取り直してかどうだったか忘れましたが、縦書テキストビューワー/UBUNTU12.04LTS使い始めましたを見つけてUbuntu 12.04でという事でうまくいきそうだと思ってやってみたところ、書いてあるままではこれまた失敗しましたが、上記でやったことと組み合わせでうまくいきました。


XJP2のインストール

まず最新版 xjp2_2.9.3 をビルドする時に必要になる以下のパッケージっていうのが冒頭で参考にしたのより増えていています。

build-essential
automake1.10
zlib1g-dev
libxft-dev
libxt-dev
libxext-dev

端末を開いて以下を入力適用すればOKです。 (Linux Terminal ~$)
XJP2はあらかじめこちらより「XJP2_2.9.3.tgz」をダウンロードし、解凍したフォルダをホームに置いておき、引き続き端末から以下を入力適用すればインストールが完了します。 (Linux Terminal ~$)
*上記サイトでは「sudo make install」は「paco -D」を付けるとありましたが(何を意味するのかわかりませんが)、わたしの環境ではうまくいかず外すことでインストールが成功しました。

次にインストールしただけでは起動できないらしいので、XJP2の設定をします。


XJP2の設定

設定の方法は上記のそれぞれのサイトを参考に書いてあるとおりにすればOKですが、参考までにわたしが自分用に設定したファイルをアップしましたのでそれを使うと手っ取り早いと思います。自分用に設定したのが、冒頭のスクリーンショットで、デフォルトでは以下のようになります。

XJP2

XJP2

設定ファイルを以下よりダウンロードしてホームフォルダ移動し、隠しファイルを見える状態にして解凍します。

xtext_setting.tar.gzダウンロード

するとXJP2で必要な「.xtext」が現れるのでその中の「xtext.conf」をgeditなどで開いて「検索>置換」で「●●●」を検索し、「自分のホーム名」に置換します。これでたぶん準備OKですので端末から「xjp」と打ち込んで起動します。 操作は以下のキー操作でできます。

f| ファイルメニュー(保存している電子本の一覧表示)
↓|次のページに進む
↑|前のページに戻る
スペース|しおり
s|しおりを開く
qリターン|終了

*あらかじめ青空文庫の本を入れて置かないと起動できないのですが、もれなく太宰治の「人間失格」を入れてあるので起動できるはずです。本の保存先は「.xtext>book」となります。
*フォントはIPAMinchoとIPAGothicに変更していますので、もしインストールしてなければあらかじめ入れていてください。Ubuntuではデフォルトで入っているんだったかな?
*色の設定はX11の色名称でされているとのことですので、変更したい場合はこちらをご覧ください。


XJP2

XJP2

ネタ的にはピンクにしたいところですが、実用性を考えて下地は目が疲れないベージュにして文字はスミで画面サイズは1000☓800にして文庫本ぽい感じにしました。設定の変更は「xtext.conf」をみれば説明も載っているのですぐわかると思います。


メニューに登録する

端末からいちいち起動するのは面倒だという場合はメニューに登録します。ソフトウェアセンターから「alacarte」を検索インストールするとUnityに変る前にお世話になっていた「メイン・メニュー」が起動してGUIで登録できるようになります。
関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TOY

Author:TOY
萌え萌えmoebuntu
ようこそ!
moebuntuサイト
moebuntu wiki
お気軽にコメントください。

Auto-Translate
最新記事
最新コメント
tweet
萌え萌えAD




月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
カテゴリークラウド
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
最新トラックバック