moebuntu studio 12.04対応

★画像アップ先の不調により、過去のエントリーで画像が見られないものが多数あります。もし画像の見たいものがありましたらご連絡いただければ復活するようにします。

先日のMoe-Blue3テーマ完成!の時にmoebuntu studioを見越して、meobuntu studioのロゴの壁紙にしていたのですが、気がつけば本家のUbuntu Studioのロゴが新しくなっているではありませんか!という事で、moebuntu studioのロゴなんかも新しくして12.04に対応しました。そしてUbuntu Studioではデスクトップ環境がXFCEがデフォルトという事でその辺も揃えました。

moebuntu studioロゴ

*moebuntu studioのロゴは右クリックで「名前をつけてリンク先を保存」でダウンロードしてお使いください。

moebuntu studio


Ubuntu Studio用萌え壁紙の用意

moebuntu studioにはヘッドフォンつきの壁紙がおすすめですが、以前あった@二次元壁紙"萌え"moe-net@サイトにヘッドフォンのカテゴリーがあって重宝したのですが、サイト自体がなくなってしまっているので、ほかから調達するしかありません。そこで探してみたところ、「2のまとめR」というところに 【541枚】ヘッドホンつけた女の子の画像くださいというのがあって、そこがわりと良さそうです。上記で使用した壁紙は以前@二次元壁紙"萌え"moe-net@で入手して加工したものですが、それと同じ物もありました。もし他にいいとろありましたら教えてください。【追記】Konachan.comのheadphoneタグとtheAnimeGallery.comのmusicタグにたくさんありますね。


Ubuntu Studio相当にする

まず普通にUbuntu 12.04をインストールしてかからUbuntu Studio相当にします。はじめからUbuntu Studioをインストールしてもいいかもしれませんが、どのみちLightDMの関係でUbuntu環境が必要になるので、この手順を踏みます。まずUbuntu環境が整ったらUbuntuソフトウェアセンターから「Synaptic(パッケージマネージャ)」を検索インストールします。それが終わったらSynapticを立ちあげて「クイック検索」で「ubuntustudio」を検索します。するとUbuntu Studio関連のデータのリストが出るので、「ubuntustudio-desktop」のほか以下のように必要そうな物にチェックを入れてインストールします。

Ubuntu Studio相当にする

これでとりあえずUbuntu Studio環境が整います。

*上記操作でディスクを約1.5GBくらい消費するのでご注意ください。


ログイン画面(LightDM)の萌え化

引き続きUbuntu環境の状態で作業します。端末を開いて以下を入力し「Ubuntu Tweak」をインストールすることでLightDMの操作ができます。 (Linux Terminal ~$)
LightDMの萌え化はmoebuntuと一緒なので、moebuntuサイトの「ログイン画面の萌え化(Ubuntu 12.04に対応)」を参照してください。そして、以下がLightDM用のmoebuntu studioのロゴになりますので、ダウンロードしてお使いください。

LightDM用のmoebuntu studioのロゴ

moebuntu studioログイン画面


起動画面(Plymouth)の萌え化

moebuntu studio用のPlymouthも用意しました。以下からダウンロードできます。

moestplymouth.tar.gz:ダウンロード

moebuntu studio起動画面

起動画面(Plymouth)の萌え化もmoebuntuと同じなので、moebuntuサイトの「起動画面の萌え化(Ubuntu 10.04以降対応)」を参照してください。

*moebuntuサイトの「specials」タブにある「萌えぶんちゅセットアップツール」を使って簡単にインストールすることも可能です。

また、上記moebuntu studio用のPlymouthの中には16:9(16:10共用)比率の壁紙(moest_bg_1609.png)も同梱してあるので環境に応じてご使用ください。

moebuntu studio起動画面16:9比率

*上記画像16:9比率のイメージ画像で縮小されているので使えません。同梱されている画像をお使いください。

ファイル名を「moest_bg.png」にリネームして差し替えます。一度Plymouthを設定した後から画像を差し替えた場合は端末を開いて、以下を入力してください。 (Linux Terminal ~$)


デスクトップの萌え化

ここでいよいよ本題のデスクトップの萌え化です。上記で「ubuntustudio-desktop」をインストールしてあれは、ログイン画面から「Ubutnu Studio Session」を選べるようになっているので、そこから起動します。Ubuntu Studioのデスクトップ環境は冒頭にも述べましたようにXFCEですのでXubuntuと同じ方法で萌え化ができます。くわしくはmoebuntu wikiのXubuntuを萌え化をご参照ください。

moebuntu studio

デスクトップテーマ(Moe-Blue3.tar.gz):ダウンロード
アイコンテーマ(MoePinkIcons_0414.tar.gz):ダウンロード

トップバー左のアプリケーションメニューのアイコンは下記の画像をダウンロードしてご使用ください。

moebuntu studioマーク

これでmoebunt studioの完成です。

マルチメディアなど大幅にアプリがインストールされています。

moebuntu studio


関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TOY

Author:TOY
萌え萌えmoebuntu
ようこそ!
moebuntuサイト
moebuntu wiki
お気軽にコメントください。

Auto-Translate
最新記事
最新コメント
tweet
萌え萌えAD




月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
カテゴリークラウド
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
最新トラックバック