BraseroよりやっぱK3bだね

★画像アップ先の不調により、過去のエントリーで画像が見られないものが多数あります。もし画像の見たいものがありましたらご連絡いただければ復活するようにします。

K3b画面

今回のUbuntu 12.04のLIVE CDを作るのに一度Braseroを使ってみたのですが、

相性の問題かもしれないけど、どうも生焼けになってしまうようです。

これはUbuntuにBraseroがデフォルトで搭載された当初からで、

不安はあったのですが随分と期間も経っているし、

改善されているかもと期待したのですが、残念な結果でした。

そもそも未だにベリファイがついていない時点で信頼性が低いのですが…。

で、わたしだけかと思ってちょっと検索してみたところ、

やっぱりありますね、同じような経験している人。

[GNOME sucks]braseroもやっぱゴミ。CDすらろくに焼けない

LinuxでCD・DVDに書き込む

LinuxでDVD-Rを焼くのにk3bを使う

ちなみにわたしのドライブはLG製のだいぶ古いものです。

K3bデバイス画面

ということで、わたしも馴染みのあるK3bを使うことにしました。

インストールはUbuntuソフトウェアセンターからできます。

ただし、このライティングソフトはKDE系のソフトのため、

そのままではメニューなど英語のままですので、別途日本語化します。

以前はKDEアプリというと「kde-i18n-ja」のインストールだったのですが、

今は違うようで、Ubuntuの「システム設定」>「言語サポート」を開くと、

K3b言語サポート

このような画面が出るので、「インストール」ボタンを押すと日本語化でき、

冒頭の画面のようになります。

あとはisoファイルを読みこませるとライティング画面が出るので、

「書きこんだデータを検証」にチェックを入れればちゃんとベリファイしてくれます。

K3bライティング画面

isoファイルのMd5 Sumも表示してくれてて便利ですね。

もちろんわたしの環境では生焼けになることなくきちんと書き込まれます。

Braseroに不安を感じる方にはK3bがおすすめです。


関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TOY

Author:TOY
萌え萌えmoebuntu
ようこそ!
moebuntuサイト
moebuntu wiki
お気軽にコメントください。

Auto-Translate
最新記事
最新コメント
tweet
萌え萌えAD




月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
カテゴリークラウド
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
最新トラックバック