Audacious 3 続報

★画像アップ先の不調により、過去のエントリーで画像が見られないものが多数あります。もし画像の見たいものがありましたらご連絡いただければ復活するようにします。

コメント欄をご覧の方はぞごんじと思いますが、

Audacious 3になって画像がきちんと表示されない問題は、解決が結構困難な様子です。

萌え萌えSkinを多数作成してくれている☆BACKSTREET☆のたっどさんが

検証してくれたのですが、黒ベタに表示されている部分は、

Audacious3のスキン

いままでパーツとしてなくても表示されていたところで、

その画像を補うことで、ある程度は解消できたとのことです。

Audacious3のスキン

ただ、イコライザー部に問題があり、

この画像11個にはすべてに同じ画像が使われているため、

別の画像をそれぞれ当てはめることができないことが判明しました。

Audacious3のスキン

こちらは、一番左の画像をはめたところで、同じ画像が全ての枠に入っています。

どうやら、ソースをいじって何とかするしかないという、

結構ハードルが高い問題で、たっどさんもお手上げ状態のようです。

どなたかソースを見れる方とかおられましたら、ご協力ください。

わたしにはソースの入手方法すらわかりません。

Audaciousのサイトもあんまり整備されてないようで、

ダウンロードのところをクリックしても何も出て来ません。


ソースはこちらの「Audacious」の項目の一番上にある

「New releases」からダウンロードできるようです。

憩いの場」のSawaさんから教えていただきました。ありがとうございます。

また、こちらの掲示板に、「SkinnedUI (Winamp2) UI」の項目あたりに報告すると

対処していただける可能性があります。

わたしにはちょっとハードル高いにで、どなたかご報告いただけると助かります。

Audaciousのサイト

ちなみに、念の為Audacious 3.1 αでも試してみたところ、状況は同じでした。

Audacious3.1αでの表示

*こちらはわたしの環境なので、なにも画像をいじってない状態です。
また、前回一番下の操作部の曲の進行を示すバーが黒ベタになっていたのですが、
その後アップデートがあったのかどうかわかりませんが、
Audacious 3.1 αにする前のAudacious 3.0.3でも正常に表示されてました


【追記】
Audacious 3になってプラグインにも影響が出ていると、
ykobaさんからコメントいただきました。いろいろ情報ありがとございます。

ついでに3.0.xでは2.5でサポートされていたプラグインの内、generalでalarm, evdev-plug, streambrowserl, lirc、effectでladspa、visualで paranormal, projectm, spectrumが無くなりました。

【追記2】
Sawaさんからコメントいただきました。ありがとうございます。
Ubuntu 11.10 では 3.x の収録が間に合わず 2.x のままですので、12.04 までは萌えスキンが使えますよ。
とのことです。


関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

よろしくお願いします(o*。_。)oペコッ

どこをいじったらいいか わかりませんが
いじれるのかもわかりませんけれど

ファイルの場所は usr/lib/audacious
だと思うのですが そこの中のどれかもわからないという

まぁ イコライザに限らずかなりのとこ 隠して有ります
元画像と一緒で見えないだけで そのあたりをマウス持ってくると動きますが。

ただ 黒抜きはやめてほしいだけです。

プログラム理解できる方 よろしくお願いいたします。
m(_ _"m)ペコリ




No title

ついでに3.0.xでは2.5でサポートされていたプラグインの内、generalでalarm, evdev-plug, streambrowserl, lirc、effectでladspa、visualで paranormal, projectm, spectrumが無くなりました。

RE:

>たっどさん

なんとか情報が集まるといいですね
usr/lib/audacious/Generalの中にある「skin.so」が怪しいかも?
ソースを入手しないことにはどうしようもありませんが。

>ykobaさん

プラグインもいろいろ影響あるのですね。情報ありがとございます。
後ほど追記させていただきます。

No title

ご存知かもしれませんが、Ubuntu 11.10 では 3.x の収録が間に合わず 2.x のままですので、12.04 までは萌えスキンが使えますよ。それまでに直っているといいですね。

ちなみに、ソースは
http://boards.audacious-media-player.org/
で配布されています。
この掲示板で不具合報告をすると直してくれるかも。

RE:

Sawaさん情報ありがとうございます。
あの中でソースが配布されているとは思いませんでした。

>この掲示板で不具合報告をすると直してくれるかも。

そうかもしれないことはうすうす感じてはいたのですが、
でも、これって不具合のうちに入るのでしょうかね?
こっちが勝手に想定外な使い方をしているような?
いずれにせよわたしには報告できるほどの英語力がありませんけど。

No title

はじめましてpuchoです。
この記事を見て、audacious 3.4.1に画像を補った萌えスキンが適用できるように改造してみました。(ただし完璧ではありません。)

audaciousを起動して気づいたのですが、イコライザーを動かすとそれに連動してイコライザーの背景も変更される設計になっているようです。(ご存知の方もいらっしゃると思いますが…)
調べてみると、それを利用したスキンもありどれぐらいツマミを上げているかを光って表示するなどの方法が利用できます。

さて、萌えスキン用の改造ですが、audacious-plugins-3.4.1(プラグインのソースコード)のsrc/skins/ui_skinned_equalizer_slider.cを変更しました。
以下のpatchをコピーしてaudacious-plugins-3.4.1.patchなど名前をつけて保存し、audacious-plugins-3.4.1フォルダの親フォルダで

patch -p0 < audacious-plugins-3.4.1.patch

を実行してください。

patchここから

--- audacious-plugins-3.4.1/src/skins/ui_skinned_equalizer_slider.c.orig 2013-09-03 04:03:19.000000000 +0900
+++ audacious-plugins-3.4.1/src/skins/ui_skinned_equalizer_slider.c 2013-10-17 17:11:13.484533541 +0900
@@ -31,6 +31,11 @@
#include "ui_skin.h"
#include "ui_skinned_equalizer_slider.h"

+#define SLIDER_LOCK
+#ifdef SLIDER_LOCK
+#include <string.h>
+#endif
+
typedef struct {
gchar * name;
gint pos;
@@ -43,11 +48,38 @@
g_return_val_if_fail (data, FALSE);

gint frame = 27 - data->pos * 27 / 50;
+
+#ifdef SLIDER_LOCK
+ if(strcmp(data->name,"31 Hz")==0){
+ skin_draw_pixbuf (cr, SKIN_EQMAIN, 28, 164, 0, 0, 14, 63);
+ }else if(strcmp(data->name,"63 Hz")==0){
+ skin_draw_pixbuf (cr, SKIN_EQMAIN, 43, 164, 0, 0, 14, 63);
+ }else if(strcmp(data->name,"125 Hz")==0){
+ skin_draw_pixbuf (cr, SKIN_EQMAIN, 58, 164, 0, 0, 14, 63);
+ }else if(strcmp(data->name,"250 Hz")==0){
+ skin_draw_pixbuf (cr, SKIN_EQMAIN, 73, 164, 0, 0, 14, 63);
+ }else if(strcmp(data->name,"500 Hz")==0){
+ skin_draw_pixbuf (cr, SKIN_EQMAIN, 88, 164, 0, 0, 14, 63);
+ }else if(strcmp(data->name,"1 kHz")==0){
+ skin_draw_pixbuf (cr, SKIN_EQMAIN, 103, 164, 0, 0, 14, 63);
+ }else if(strcmp(data->name,"2 kHz")==0){
+ skin_draw_pixbuf (cr, SKIN_EQMAIN, 118, 164, 0, 0, 14, 63);
+ }else if(strcmp(data->name,"4 kHz")==0){
+ skin_draw_pixbuf (cr, SKIN_EQMAIN, 133, 164, 0, 0, 14, 63);
+ }else if(strcmp(data->name,"8 kHz")==0){
+ skin_draw_pixbuf (cr, SKIN_EQMAIN, 148, 164, 0, 0, 14, 63);
+ }else if(strcmp(data->name,"16 kHz")==0){
+ skin_draw_pixbuf (cr, SKIN_EQMAIN, 163, 164, 0, 0, 14, 63);
+ }else{
+ skin_draw_pixbuf (cr, SKIN_EQMAIN, 13, 164, 0, 0, 14, 63);
+ }
+#else
if (frame < 14)
skin_draw_pixbuf (cr, SKIN_EQMAIN, 13 + 15 * frame, 164, 0, 0, 14, 63);
else
skin_draw_pixbuf (cr, SKIN_EQMAIN, 13 + 15 * (frame - 14), 229, 0, 0,
14, 63);
+#endif

if (data->pressed)
skin_draw_pixbuf (cr, SKIN_EQMAIN, 0, 176, 1, data->pos, 11, 11);

patchここまで

なお、イコライザーのツマミは、全体で一つの画像しか利用できないので、このpatchでも対応できていません。

イコライザー背景の補い方ですが、gimpなどでeqmain.pngのパレットを275x315に伸ばして、13,164を起点に左から順に14x63の画像を補います。画像と画像の間を1ドット空けてください。

RE:

こちらこそはじめまして、puchoさん。
Audaciou諦めきっていたところに有益なパッチありがとうございます。
実際に試してみたところ、以下のようなエラー(?)でパッチがあてられませんでした。
(ui_skinned_equalizer_slider.c ←これが書き変るのですよね?)

---
toy@toy-desktop:~$ patch -p0 < audacious-plugins-3.4.1.patch
patching file audacious-plugins-3.4.1/src/skins/ui_skinned_equalizer_slider.c
patch: **** malformed patch at line 12: typedef struct {

toy@toy-desktop:~$
---

パッチを当てたui_skinned_equalizer_slider.cをいただく(配布する)ことはできませんか?

>(ただし完璧ではありません。)
これはイコライザーのツマミが対応できていないということでしょうか?
もし可能であれば現状のパッチ当てた状態の画像をいただけないでしょうか?
あと、ちょっと乱暴ですが、イコライザー自体をなくしてしまって
画像を表示するなんてことはできないでしょうか?

それとわたし自身コンパイルとかあまりやり慣れてないのですが、
audacious-plugins-3.4.1はコンパイルしてインストールする際、
audacious-3.4.1.tar.bz2 ←こちらを先にインストールしてからおこなうのでしょうか?
それとも、audiousのDEBパッケージをインストールした上から
audacious-plugins-3.4.1を入れることが出来るのでしょうか?


いろいろとお手数うおかけするようなことを書いてしまって申し訳ありまえん。
よろしくご教授お願いします。

No title

>TOYさん

patch本体、適用したファイル、適用した場合の結果の画像を

http://www1.axfc.net/u/3064871

にアップロードしました。
patchを適用したaudaciousをインストールする際、おっしゃる通り、先にaudacious-3.4.1.tar.bz2をコンパイル、インストールしておきます。DEBパッケージでインストールした場合はアンインストールしてからaudacious-3.4.1.tar.bz2 -> audacious-plugins-3.4.1.tar.bz2の順にインストールします。

イコライザー自体を無くすことについてですが、最近解析を始めたので、すぐには対応できないと思います。

RE:

>puchoさん

データありがとうございます。
いただいたパッチファイルでパッチをあててコンパイル&インストール出来ました。

インストールは出来たのですが、試しになにか再生しようとしたところ「デコーダがありません」
とでて再生できなかったのですが、原因(対処法)わかりますか?
ちなみに、mp3 ogg flac共にダメです。

イコライザーのツマミの件
素人考えですが、イコライザーのツマミはeqmain.pngの中の一部として含まれているんですよね?
とすると、ツマミの位置をどこかで座標指定していると思うのですが?
それがわかればツマミは(絵がズレるので)動かせないけど表示することは可能なような気がします。

>イコライザー自体を無くすことについてですが、最近解析を始めたので、すぐには対応できないと思います。
ちょっと期待しちゃいます。

No title

>TOYさん
どういたしまして。

>インストールは出来たのですが、試しになにか再生しようとしたところ「デコーダがありません」
とでて再生できなかったのですが、原因(対処法)わかりますか?
ちなみに、mp3 ogg flac共にダメです。

私の環境では大丈夫でしたよ。おそらく、デコーダープラグインが設定されていないと思います。[設定]->[プラグイン]->[インプット]から、デコーダープラグインを設定します。

>イコライザーのツマミの件
確かにeqmain.pngの中にツマミの画像が含まれていますが、左上の座標が0,164の13x12(通常時用)と0,176の13x12(クリック時用)の二つしかありません。そして、すべてのツマミで共通して使用しているため、更にソースコードをいじらなければきちんと表示できません。

>ちょっと期待しちゃいます。
あまり期待しないでください。

RE:

>puchoさん

ヒント有賀とうございます。

>[設定]->[プラグイン]->[インプット]から、デコーダープラグインを設定します。
http://imageshack.us/scaled/large/5/r668.png
上記のような状態になっていますが、どこか違いますか?
そういえばわたしの環境、プレーヤーによって音がでないものがあったのを思い出しました。
たぶんそのせいですね。今度仮想環境で試してみます。

>左上の座標が0,164の13x12(通常時用)と0,176の13x12(クリック時用)の二つしかありません。
*11本あるイコライザーのボタンはそれぞれ座標でボタンの位置を指定しているのではないかと思って、その座標の位置をそれぞれボタンの位置に指定できればと思ったのですが。
この13x12がボタンの範囲ですよね?たとえばこれを0x0にとかに出来ないのでしょうか?
素人考えなのであまり気にしないでください。

>あまり期待しないでください。
はい、プレッシャーに思わないでください。

せっかく惜しいところまで来ているので解決できるといいですね。

No title

>TOYさん
画像を拝見しました。おそらく、インストール時にプラグインがインストールされていないと思います。
libvorbis-devなどのコーデックの開発者用パッケージをインストールしてから再インストールするといいかもしれません。

以前、イコライザーをなくしてしまって画像を表示する提案をいただきましたが、それを実現するパッチを

http://www1.axfc.net/u/3066679

にアップロードしました。
これは、スキンのeqmain.pngの縦が116ドット以下ならば、イコライザーのスライダーなどを表示しないように116を超えていれば表示するパッチです。
これで萌えスキンが完璧に表示されると思います。(実際、私の環境では表示されました。)
なお、萌えスキンを表示しているときはイコライザーが使えませんのでご注意ください。

萌えスキンは加工しなくても大丈夫です。(むしろ加工しないほうがいいです。)
また、以前のパッチは適用しなくても構いません。(他のスキンを考えると適用しないほうがいいと思います。)

RE:

>puchoさん

パッチありがとうございます。
結果的にわたしの方でも導入できて音楽も再生できるようになりました。
それから、イコライザー使いたい場合はインターフェイスをGTKにしてイコライザーを表示して
再度クラシックインターフェイスに戻すとイコライザーはそのまま別窓で残って使うことが出来ることがわかりました。
まあ、わたしは使いませんが。

>libvorbis-devなどのコーデックの開発者用パッケージをインストールしてから再インストールするといいかもしれません。
libvorbis-devなどの「など」がわからず「libvorbis-dev」をとりあえず入れたあと、
make/installする場合build-depで必要なファイルと入れるといいと見かけたので、
sudo apt-get build-dep audacious
sudo apt-get build-dep audacious-plugins
をやって、再度インストールしたのですが、oggのデコーダが追加されただけで、oggファイルも再生できませんでした。
そこで一度普通にAudaciousをソフトウェアセンターからインストールして、
音楽が再生できることを確認したあと、
物は試しとそのままaudacious-pluginsをmake/installしたところ
無事使えるようになりました。
*今までの一連の操作は(削除の仕方がわからなかったので)そのまま上書きで行ってきました。

本来はaudaciousとaudacious-pluginsのmake/installのみできちんとインストールしたいところなんですが、
どのような手順を踏めばいいかわかりますでしょうか?

それと、Debパッケージ化などはいかがでしょうか?
もしくは例えばインストールしたあとの「これらのファイル」を「これらのファイル」と差し替えればOKみたいなことはできませんか?

せっかくなのでできれば確実にインストールできる環境を提供したいと思うのですが…。
よろしくお願いします。

No title

>TOYさん

>パッチありがとうございます。
結果的にわたしの方でも導入できて音楽も再生できるようになりました。

それはなによりです。

>本来はaudaciousとaudacious-pluginsのmake/installのみできちんとインストールしたいところなんですが、
どのような手順を踏めばいいかわかりますでしょうか?

私の場合は普通に
$ ./configure --prefix=/usr
$ make
$ sudo make install
とコマンドを打ってインストールしました。この方法でインストールした場合のアンインストールは
$ sudo make uninstall
とします。(audacious以外ではこの方法でアンインストールできないこともあります。)
sudo apt-get build-depでのインストール、アンインストールはやったことありませんねぇ。ソースコードからインストールする場合は基本的に上の方法をとってます。

>それと、Debパッケージ化などはいかがでしょうか?
Debパッケージ化はやったことありませんので、試行錯誤しながらやってみようと思います。

RE:

>puchoさん

>私の場合は普通に〜
そこは基本一緒ですね。わたしは↓ここに書かれたとおりにやりました。
http://www.linuxfromscratch.org/blfs/view/svn/multimedia/audacious.html

でもデコーダ類が入らなかったんですよね?
一番最初にやったときはコンパイルがエラーになって足りないものがでていたのでそれをインストールして
インストールしたのですが、必要なデコーダ類とかどうすればいいのでしょうか?

↓ここ見るとaudacious-pluginsで本来はデコーダ類もインストールされるはずですね。
http://packages.ubuntu.com/ja/lucid/audacious-plugins
下にある関連パッケージが事前にインストールされてあればいいのか?
build-depでインストールされなかったのか?このあたりが不明です。
もしかしたら上書きインストールしていったのが悪かったのかもしれません。

>$ sudo make uninstall
ご教授ありがとうございます。

>Debパッケージ化はやったことありませんので、試行錯誤しながらやってみようと思います。
おお、それは楽しみです。ご健闘お祈りします。

No title

>TOYさん
返事が遅くなってすいません。
改造audaciousのdebパッケージができました。

http://www1.axfc.net/u/3075202?key=2013

にアップロードしました。
audacious_3.4.1_i386.deb
audacious-dev_3.4.1_all.deb
audacious-plugins_3.4.1_i386.deb
が入っています。audacious-devはインストールしてもしなくても構いません。

ubuntuで標準のaudaciousをインストールしている場合は、アンインストールしたほうがいいかもしれません。

# sudo apt-get purge audacious audacious-plugins audacious-plugins-data libaudclient2 libaudcore1 [audacious-dev]

でアンインストールしてください。カッコ内のパッケージはaudacious-devをインストールしている場合のみカッコを抜いて実行してください。インストールしていない場合はlibaudcore1の部分までで結構です。

No title

>TOYさん
昨日アップロードしたdebパッケージ群は、インストール時に多少問題が発生することが判明しましたので、それを修正したファイルを

http://www1.axfc.net/u/3076101

にアップロードしました。

具体的には依存パッケージをインストールしているか検索する段階で、
libavcodec53,libavformat53,libavutil51

libavcodec-extra-53 libavformat-extra-53,libavutil-extra-51
のいずれかがインストールされていればOKとなるはずが、
libavcodec-extra-53 libavformat-extra-53,libavutil-extra-51
がインストールされていなければならないと設定されていました。

この問題は上記のファイルでは修正されています。

また、これは修正できませんでしたが、WMAファイルが再生できません。どうやらffaudioプラグインが何か悪さしているようです。

RE:

>puchoさん

Debパッケージありがとうございます。
昨日試した時にうまくいかなくて、ちょうどレスしようかと思っていました。
また試してみます。

RE:

>puchoさん

再度試してみたのですが、依存関係のエラーがでてダメでした。試したのは仮想環境のUbuntu 13.10 64bitです。
*昨日は仮想環境Ubuntu 13.04 64bitでも試したのですがほぼ同様のエラーでした。

エラー内容上げておきます。
----
moebuntu@moebuntu-VirtualBox:~/ダウンロード/audacious-3.4.1-packaes2$ sudo dpkg -i *.deb
[sudo] password for moebuntu:
以前に未選択のパッケージ audacious-plugins を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 315979 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
(audacious-plugins_3.4.1_i386.deb から) audacious-plugins を展開しています...
以前に未選択のパッケージ audacious を選択しています。
(audacious_3.4.1_i386.deb から) audacious を展開しています...
dpkg: 依存関係の問題により audacious-plugins の設定ができません:
audacious-plugins は以下に依存 (depends) します: libavcodec53 (>= 6:0.8.3-1~) | libavcodec-extra-53 (>= 6:0.8.6).
audacious-plugins は以下に依存 (depends) します: libavformat53 (>= 6:0.8.3-1~) | libavformat-extra-53 (>= 6:0.8.6).
audacious-plugins は以下に依存 (depends) します: libavutil51 (>= 6:0.8.3-1~) | libavutil-extra-51 (>= 6:0.8.6).
audacious-plugins は以下に依存 (depends) します: libbinio1ldbl.
audacious-plugins は以下に依存 (depends) します: libbs2b0.
audacious-plugins は以下に依存 (depends) します: libcddb2.
audacious-plugins は以下に依存 (depends) します: libcdio-cdda1 (>= 0.83).
audacious-plugins は以下に依存 (depends) します: libcdio13 (>= 0.83).
audacious-plugins は以下に依存 (depends) します: libcue1.
audacious-plugins は以下に依存 (depends) します: liblircclient0.
audacious-plugins は以下に依存 (depends) しま
dpkg: audacious-plugins の処理中にエラーが発生しました (--install):
依存関係の問題 - 設定を見送ります
audacious (3.4.1) を設定しています ...
man-db のトリガを処理しています ...
desktop-file-utils のトリガを処理しています ...
gnome-menus のトリガを処理しています ...
bamfdaemon のトリガを処理しています ...
Rebuilding /usr/share/applications/bamf-2.index...
mime-support のトリガを処理しています ...
hicolor-icon-theme のトリガを処理しています ...
libc-bin のトリガを処理しています ...
処理中にエラーが発生しました:
audacious-plugins
moebuntu@moebuntu-VirtualBox:~/ダウンロード/audacious-3.4.1-packaes2$
----

No title

>TOYさん
昨日報告したffaudioの問題も解決したファイルを

http://www1.axfc.net/u/3077166

にアップロードしました。

インストール時の依存関係の問題ですが、dpkgコマンドは依存関係をチェックするものの、自動的にインストールしてくれません。なので、事前にパッケージをインストールしてください。TOYさんの場合は

$sudo apt-get install libavcodec53 libavformat53 libavutil51 libbinio1ldbl libbs2b0 libcddb2 libcdio-cdda1 libcdio13 libcue1 liblircclient0

としてインストールしてください。

RE:

>puchoさん

お疲れ様です。
audacious-3.4.1-packages3試してみました。
が、未だダメです。
*試した環境は前回同様仮想環境のUbuntu 13.10 64bitです。

$sudo apt-get install libavcodec53 libavformat53 libavutil51 libbinio1ldbl libbs2b0 libcddb2 libcdio-cdda1 libcdio13 libcue1 liblircclient0
↑これのあとインストールしようとしたのですが、以下のようにエラーがでました。
----
moebuntu@moebuntu-VirtualBox:~/ダウンロード/audacious-3.4.1-packages3$ sudo dpkg -i *.deb
[sudo] password for moebuntu:
以前に未選択のパッケージ audacious-plugins を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 285762 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
(audacious-plugins_3.4.1_i386.deb から) audacious-plugins を展開しています...
audacious 3.4.1 を (audacious_3.4.1_i386.deb で) 置換するための準備をしています ...
audacious を展開し、置換しています...
dpkg: 依存関係の問題により audacious-plugins の設定ができません:
audacious-plugins は以下に依存 (depends) します: libasound2 (>= 1.0.16) ...しかし:
パッケージ libasound2:i386 はまだインストールされていません。
audacious-plugins は以下に依存 (depends) します: libavcodec53 (>= 6:0.8.3-1~) | libavcodec-extra-53 (>= 6:0.8.6) ...しかし:
パッケージ libavcodec53:i386 はまだインストールされていません。
audacious-plugins は以下に依存 (depends) します: libavformat53 (>= 6:0.8.3-1~) | libavformat-extra-53 (>= 6:0.8.6) ...しかし:
パッケージ libavformat53:i386 はまだインストールされていません。
audacious-plugins は以下に依存 (depends) します: libavutil51 (>= 6:0.8.3-1~) | libavutil-extra-51 (>= 6:0.8.6) ...しかし:
パッケージ libavutil51:i386 はまだインストールされていません。
audacious-plugins は以下に依存 (depends) します: libbinio1ldbl ...しかし:

dpkg: audacious-plugins の処理中にエラーが発生しました (--install):
依存関係の問題 - 設定を見送ります
audacious (3.4.1) を設定しています ...
man-db のトリガを処理しています ...
desktop-file-utils のトリガを処理しています ...
gnome-menus のトリガを処理しています ...
bamfdaemon のトリガを処理しています ...
Rebuilding /usr/share/applications/bamf-2.index...
mime-support のトリガを処理しています ...
hicolor-icon-theme のトリガを処理しています ...
libc-bin のトリガを処理しています ...
処理中にエラーが発生しました:
audacious-plugins
moebuntu@moebuntu-VirtualBox:~/ダウンロード/audacious-3.4.1-packages3$
----
↑まだインストールされていませんとあったので、
$sudo apt-get install libasound2 libavcodec53 libavformat53 libavutil51
をインストールしてもう一度試したのですが、同様のエラーがでてしまいます。




No title

>TOYさん
>audacious-3.4.1-packages3試してみました。
が、未だダメです。

それはこまりましたねぇ…。

>*試した環境は前回同様仮想環境のUbuntu 13.10 64bitです。
とありますが、もしかすると64bitなのが原因かもしれません。
試しにインストールしたのにしていないと判定されたパッケージのdebファイルをダウンロードしてみてください。

$apt-get install libasound2 libavcodec53 libavformat53 libavutil51

とします。
ダウンロードしたdebファイルのファイル名に"i386"がなければ、インストールしたとしても弾かれてしまうでしょう。(64bitなので、"amd64"なのかもしれません。)

当方、64bitPCは持っていないので、対応は難しいです。

ところで、audacious-3.4.2がリリースされました。ほぼ今までの方法で萌え化に成功しました。(patchをほんのちょっといじっただけです。)
i386用debパッケージ化の最中(と言ってもほとんどできてますが)で、近日アップロードできると思います。

RE:

>puchoさん

お疲れ様です。

>ダウンロードしたdebファイルのファイル名に"i386"がなければ、
Synapticでインストールしたのを調べたら、
libasound2 1.0.27.2-1ubuntu6
libasound2:i386 1.0.27.2-1ubuntu6
libavcodec53 6:0.8.7-1ubuntu2
libavcodec53:i386 6:0.8.7-1ubuntu2
…(省略)
などそれぞれ両方入っています。

>当方、64bitPCは持っていないので、対応は難しいです。
わたしにはDebの作り方とか全くわからないのですが、両方の環境を持っていないと出来ないものなのでしょうか?
素人考えですが、たとえばAudaciousの既存のDebパッケージ32bit/64bit版をダウンロードして中身を比較するとか?

あと参考になるかどうかわかりませんが…。
Debian 新メンテナーガイド
http://www.debian.org/doc/manuals/maint-guide/

.debパッケージを改造して依存関係を直す
http://ubuntu.u-aizu.ac.jp/013/index.html

RE:2

>puchoさん

仮想環境Ubuntu 12.04 32bitでも試してみたのですが、
やはり依存関係のエラーでダメですね。
libavcodec53その他インストールしても同じエラーがでます。
本家Audaciousは問題なくインストールできるので依存関係の問題はちょっと解せないのですが?Ubuntuのバージョンの違いでしょうか?

----
moebuntu@moebuntu-VirtualBox:~/audacious-3.4.1-packages3$ sudo dpkg -i *.deb
以前に未選択のパッケージ audacious-plugins を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 632410 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
(audacious-plugins_3.4.1_i386.deb から) audacious-plugins を展開しています...
以前に未選択のパッケージ audacious を選択しています。
(audacious_3.4.1_i386.deb から) audacious を展開しています...
dpkg: 依存関係の問題により audacious-plugins の設定ができません:
audacious-plugins は以下に依存 (depends) します: libavcodec53 (>= 6:0.8.3-1~) | libavcodec-extra-53 (>= 6:0.8.6) ...しかし:
システム上の libavcodec53 のバージョン は 4:0.8.6-0ubuntu0.12.04.1 です。
パッケージ libavcodec-extra-53 はまだインストールされていません。
audacious-plugins は以下に依存 (depends) します: libavformat53 (>= 6:0.8.3-1~) | libavformat-extra-53 (>= 6:0.8.6) ...しかし:
システム上の libavformat53 のバージョン は 4:0.8.6-0ubuntu0.12.04.1 です。
パッケージ libavformat-extra-53 はまだインストールされていません。
audacious-plugins は以下に依存 (depends) します: libavutil51 (>= 6:0.8.3-1~) | libavutil-extra-51 (>= 6:0.8.6) ...しかし:
システム上の libavutil51 のバージョン は 4:0.8.6-0ubuntu0.12.04.1 です。
パッケージ libavutil-extra-51 はまだインストールされていません。
audacious-plugins は以下に依存 (depends) します: libglib2.0-0 (>= 2.35.9) ...しかし:
システム上の libglib2.0-0 のバージョン は 2.32.4-0ubuntu1 です。
audacious-plugins は以下に依存 (depends) します: libmpg123-0 (>= 1.13.7) ...しかし:
システム上の libmpg123-0 のバージョン は 1.12.1-3.2ubuntu1 です。
dpkg: audacious-plugins の処理中にエラーが発生しました (--install):
依存関係の問題 - 設定を見送ります
dpkg: 依存関係の問題により audacious の設定ができません:
audacious は以下に依存 (depends) します: libglib2.0-0 (>= 2.35.9) ...しかし:
システム上の libglib2.0-0 のバージョン は 2.32.4-0ubuntu1 です。
dpkg: audacious の処理中にエラーが発生しました (--install):
依存関係の問題 - 設定を見送ります
man-db のトリガを処理しています ...
bamfdaemon のトリガを処理しています ...
Rebuilding /usr/share/applications/bamf.index...
desktop-file-utils のトリガを処理しています ...
gnome-menus のトリガを処理しています ...
hicolor-icon-theme のトリガを処理しています ...
以下のパッケージの処理中にエラーが発生しました:
audacious-plugins
audacious
moebuntu@moebuntu-VirtualBox:~/audacious-3.4.1-packages3$
----

No title

>TOYさん
返事が遅くなってすいません。
audacious-3.4.2の萌えスキン用のパッチ、パッチを適用したパッケージを

http://www1.axfc.net/u/3081499

にアップロードしました。
上記のページを参考にして依存パッケージのバージョンを見ないようにしました。あとできる限り公式パッケージのパッケージ構成に合わせました。
audacious-devとaudacious-dbgはインストールしなくても構いません。
それでもインストールできない場合は
$sh debpack.sh
を実行してみてください。自動的にdebパッケージをtmpフォルダ内に作ってくれます。

RE:

>puchoさん

お疲れ様です。
パッチおよびバッケージありがとうごじます。
とりあえず64bitの実機で試したところダメでした。後ほど32bit環境でも試して見る予定です。
結果についての詳細はmoebuntu wikiに「Audacious萌え化ぷろじぇくと」のページを作り載せましたので、以後そちらでやりとりできればと思います。
wikiは「編集」のところから誰でも編集できるようになっていますので、よろしくお願いします。
Audacious萌え化ぷろじぇくと
http://moebuntu.wiki.fc2.com/wiki/Audacious%E8%90%8C%E3%81%88%E5%8C%96%E3%81%B7%E3%82%8D%E3%81%98%E3%81%87%E3%81%8F%E3%81%A8
プロフィール

TOY

Author:TOY
萌え萌えmoebuntu
ようこそ!
moebuntuサイト
moebuntu wiki
お気軽にコメントください。

Auto-Translate
最新記事
最新コメント
tweet
萌え萌えAD




月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
カテゴリークラウド
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
最新トラックバック