Mozcで「月配列」を使う

★画像アップ先の不調により、過去のエントリーで画像が見られないものが多数あります。もし画像の見たいものがありましたらご連絡いただければ復活するようにします。

*月配列のキーバインドデータのリンク修正しました。

カナダと萌が交差するとき、物語は始まる... 

とあるカナダの萌えオタクは「月配列」使い

カナダ側にオタク系カナダ人の大学生がいることを以前のエントリーで書きましたが、
そんな彼は萌え系アニメを教科書に日本語をマスターしていて、
日本語の入力に「月配列」がいいよと日本人の私に教えてくれました。
いや~知りませんでしたよ、わたし「月配列」。
みなさんは知ってました?

「月配列」って?
2chの、パソコン一般板・新JISスレッドで生まれた日本語入力用カナ系配列です。「新JIS配列に中指シフトを組み合わせたらどうなる?」 初めは実験的な配列として誕生しました。その後いろいろな人の手によって改良が加えられ、ひとまず2-263式と呼ばれる配列が完成しました。

というもので、具体的にはいまあるキーボードのキーバインドを無視して、
新たにキーバインドを設定して「中指シフト」という方式を使って入力するというものです。

月配列キー設定

日本語入力に使うのはここにあるキーボードの3列のみで、
「☆」印のところがシフトキーとなるところで、中指のポジションとなり、
それで「中指シフト」といいます。

ホームポジション自体は普通のキーボードと同じで、
それぞれ「F」「J」のキーが人差し指になりますが、
キーの割り当て自体は「と、あ」「う、お」になります。
1つのキーに対して2つの文字が割り当てられていますが、
下段の「と」や「う」は「F」や「J」の1タッチで入力でき、
上段の「あ」や「お」は「☆」のシフトキーを押して「F」や「J」キーの2タッチで入力できます。

キーの割り当てとしては、入力頻度の高い文字を1タッチで入力できるようになっており、
頻度の低いキーは2タッチで入力できるようになっています。
また、キーの中の□で囲われている文字は小文字になります。
通常のキー入力ですと、母音以外は必ず2タッチ必要ですが、
「月配列」を使うと1タッチで入力できる部分が大幅に増えるので、
マスターすれば入力効率が格段に上がります。

この「月配列」は「SCIM+Anthy」環境ではデフォルトで組み込まれていて、
簡単に試すことができます。(「IBUS+Anthy」環境は未確認でわかりません。)

で、ここからが本題ですが、この「月配列」Mozcでも使うことが可能です。
そのためには「月配列」用の「ローマ字テーブル」を読み込ませないといけないのですが、
その「ローマ字テーブル」を「とあるカナダの萌えオタク」からいただきました。
英語キーボード用だったので、日本語キーボード用のファイルも用意しました。
ダウンロード:tsuki.tar.gz
解凍すると、この中に「tsuki」と「tsuki_jp」2ファイルあり、
「tsuki」が英語キーボード用
「tsuki_jp」が日本語キーボード用
です。
実際の組み込み方は、Mozcのプロパティーを開いて、

Mozcプロパティ

「一般」タブの下にある「ローマ字テーブル」の「編集」を開きす。

ローマ字テーブル1

「Mozcローマ字テーブルの設定」画面が現れるので、下にある「編集」>「インポート」から、
ダウンロードした「tsuki」もしくは「tsuki_jp」を読み込ませればOKです。
*インポート時「現在のローマ字テーブルを上書きしますか?」という表示が出ますが「OK」します。

ローマ字テーブル2

元に戻したい場合は同じ画面の「編集」>「初期値に戻す」で、元に戻ります。

ローマ字テーブル3

入力上の注意としては、Mozcそのものが「月配列」をサポートしているわけではないので、
入力の挙動に不具合というかクセのようなものがあって、
書いてる途中に変なローマ字は出るのですが、
次の文字を打つと前の文字が確定され書き終わった時には正常になります。
最後の文字を確定するときに変換キーを使う必要があるかもしれません。
*「SCIM+Anthy」環境ではそういう挙動はありません。

キーバインドを覚えるまではとても効率が悪いですが、
慣れると、もしかしたら幸せな未来が待っているかもしれません。
おためしあれ。

変態Mozc」のSawaさん、その気がありましたらご同梱どうぞ。

関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ブログネタにしてくれてありがとう。

この記事を読んでる人は「何で外人が態々あっま使わへん言語の特殊なキーボードを習ったんやろ?」、とか「外人やったらローマ字の方は速いやんけ?」とでも思うでしょう。

まあ、それは確かにそうだが、外人だからこそこう云う特殊なキーボードの優越が解るんです。QWERTY配列は手動式タイプライターにだけど、一応英語を考えて並べた配列です。日本語には全然向いていません。QWERTYで日本語しか書いたことない人と違って、英語も常に書いてるので、言語に向いてる鍵盤配列の良さの感じは何となくわかります。前はDVORAKと言う本間に英語に向いてるキーボード使ってた時もあったんですし。

DVORAKの方も上達してましたけど、結局今となってはやめています。理由は二つ:パソコンに向いてない事と、英語以外の言語が本間に打ちにくい事。だが月配列の方ではこの二つの問題は全く無くて、唯一の問題は不慣れです。日本語は入力式プログラムで入力しますので、環境等で必要なキーは直接ローマ字入力モードのままでQWERTYになってますし、日本語以外の言語打つ時にもそのローマ字入力モードかそれぞれの入力式を使ってます。

出来ればそれぞれの言語の特殊キーボードで打ってたほうがいいけど、ラテン文字で書かれる言語のほとんどは特殊キーボード少ないし、同じラテン文字のいくつかの配列も覚えづらくて混乱してまいます。そうゆうわけで非ラテン文字で書かれてる中国語や日本語や韓国語の特殊なキーボードは使ってます。

(だが韓国語の場合は別に「特殊」では無く、韓国に普及してる配列使ってるけど、それは結構韓国語に向いてると思います。日本にも月配列とか普及しててたらいいのにな。)
(中国語の特殊キーボードも「使ってる」とは言ったけど、実はまだ上手く使えなくて、直漢の倉頡輸入法習ってる途中です。これは月配列何かよりよっぽど難しいです。笑)

日本語はあまり使いませんので、月配列上達するのに一年間以上もかかりましたけど、毎日日本語使ってる人はすぐに上達するでしょう。(今でもローマ字より速く打てるかどうかもわかりません。試した事ないけど、速さにこだわらなかったら月配列の方は打ち易いと思う。普段は超高速度タイピングは必要なわけでもないし。)

皆さんも月配列試してみてください。慣れれば役に立つと思います。

No title

詳細なコメントありがとう。
理論上キーの入力回数が減るので、
慣れればローマ字入力より速くなると思います。
問題は慣れる(覚える)までやれるかどうか?

No title

コンピュータなるもの触って 30数年経ちますが
当時は英語キーだけでして もちろんGUIなんてない時代
紙テープに穴あけて コンピュータに読込ませてたんで モニターすらないぃぃww 
Σ(- -ノ)ノ エェ!?

当時初売り出された パソコンなるものは フルセットで数十万 今じゃ考えられない値段・・・
どんだけ  年寄りだYO!!ww

でも いまだひらがな入力できません・・・

でもぉ 面白そうなんで ちとやってみるかなぁぁ
どこまで出来るか 老化した頭振り絞ってぇぇww (*'-'*)エヘッ♪

No title

ひらがな入力する人って今時あまりいないですよね。わたしも最初からQWERTYで覚えたのでひらがな入力の経験がありません。と、ここまで月配列で入力しました。
ふぅ~、疲れた。

No title

へー、その時代のコンピュータは日本でも使われてたんだ?日本語対応してないから、珍しいでしょうな。

ってか、30年前やったらモニターくらいあるやんけ!笑

でも昔のパソコンは高かったんですね。

月配列頑張ってくださいな。きっと使える様になれると思います。

召喚されました

>> Sawaさん、その気がありましたらご同梱どうぞ。

調べてみると、月配列以外も色々あるようですね。
ブログのMozcページに追記としてネタにさせてもらいました。

RE:召喚されました

他にもあることは気づいてましたが、結構ありますね。
moebuntuの場合、やはり「ぶりっこ入力」を押すべきでしょうか?(笑)

ibus-anthyに関して

ibus-anthyにも設定には入ってないけど、いじったらできるようになれるみたい。

http://slashdot.jp/~kawa-t/journal/519541

私にはできなかったけど。(そっちで「sokuban」として数コメ書いた。)

あああ、どうしよっ...ローマ字入力嫌い。(scim壊れたので、今ibusで仕方なく)

No title

ibus-anthyで月配列は設定がちょっとめんどくさそうですね。

No title

Re: No title

> 流用してDvorak用を作ってみました。

こんにちは、
Dvorak配列というのがあるのですね。
データありがとうございます。
年明け以降になると思いますが、
こんどブログで紹介させていただきますね。
プロフィール

TOY

Author:TOY
萌え萌えmoebuntu
ようこそ!
moebuntuサイト
moebuntu wiki
お気軽にコメントください。

Auto-Translate
最新記事
最新コメント
tweet
萌え萌えAD




月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
カテゴリークラウド
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
最新トラックバック