SigilでEPUBを編集する

★画像アップ先の不調により、過去のエントリーで画像が見られないものが多数あります。もし画像の見たいものがありましたらご連絡いただければ復活するようにします。

先日のCalibreがちょっと面白いのエントリーでブログを取り込んで、

電子書籍にするというのをやったのですが、

Sigilというソフトを使うとEPUBファイルの編集および、一から作ることもできます。

*SigilはUbuntuソフトウェアセンターからインストールできます。

EPUBの書式はHTMLに近いので、webの知識があるとわりと簡単に編集できます。

試しに先日電子書式化したかおりんさんの「おっさんにも解るPython」を整形してみました。

前回電子書式化した状態がこれですが、(Calibreで表示)

おっさんにも解るPython取り込み

おっさんにも解るPython取り込み2

Sigilを使って整形した結果がこちらです。(Calibreで表示)

おっさんにも解るPython整形1

おっさんにも解るPython整形2

moebuntuのサイトのcssを流用したので基本ピンクになっています。

メニューの順番もブログのままだと新しい記事の

「課題2:解答編」が一番上に来てしまうのですが、

順番も入れ替えて「はじめに」から始まるようにしました。

Sigilの編集画面はこちらです。

Sigil編集画面1
●レイアウトビュー(ファンクションキーの「F9」で表示)

Sigil編集画面2
●ソースビュー(ファンクションキーの「F11」で表示)

レイアウトビューの状態でも多少の編集はできますが、

細かい調整はソースをいじる必要があります。

cssで一つ注意することは、Calibreで取り込んだEPUBのスタイルシートが

「Styles」フォルダーの「stylesheet.css」にあるのですが、

それがなぜかきちんとリンクされてなく、

「stylesheet.css」をいじっただけではスタイルが反映されませんでした。

わかる人はわかると思いますが、

ソースの


<link rel="stylesheet" href="../Styles/stylesheet.css" type="text/css" />

こうならなくてはいけないところが


<link rel="stylesheet" href="../../stylesheet.css" type="text/css" />

こうなっていた為のようです。

もしかしたらCalibreのバージョンが上がって治っていたりするかもしれません。

私が使ったときのバージョンは0.7.42で最新は0.7.44です。

Calibreは結構頻繁にアップグレードしてるようです。

そんなこんなで、「おっさんにも解るPython」を整形したのですが、

そうすると、なんか表紙も欲しくなって調子に乗って作ってみました。

ま、そんなに手の込んだものじゃないけどね。

おっさんにも解るPython表紙

ちなみにここでやったことは私が個人的に勝手にしたものなので、

配布とかできませんのであしからず。

ちなみに表紙はInkscapeで作りました。

かおりんさん、出版のさいは「萌えぶんちゅ出版」をご用命ください。(笑)

関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TOY

Author:TOY
萌え萌えmoebuntu
ようこそ!
moebuntuサイト
moebuntu wiki
お気軽にコメントください。

Auto-Translate
最新記事
最新コメント
tweet
萌え萌えAD




月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
カテゴリークラウド
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
最新トラックバック