Grub2ランダム表示まとめでゲソ

★画像アップ先の不調により、過去のエントリーで画像が見られないものが多数あります。もし画像の見たいものがありましたらご連絡いただければ復活するようにします。

GRUB2の画像切り替えなイカ?

起動時にGrub2の壁紙&文字色をランダムに表示する方法をまとめたでゲソ

前回のエントリーのネタを実際に試してみたでゲソ。
イカ娘にGrub2も侵略されたでゲソのエントリーの続きになるでゲソ。
*ただしあまり実用的とはいえないかもしれないでゲソ。
起動時に毎回パスワードの入力を求められるでゲソ。
毎回変えなくてもいい場合、パスワードを回避することはできるでゲソ。
パスワード不要のより実用的な方法もネタ元の名無し:2@cygwinさんが模索されてるでゲソ。
もしかしたら今後新たな発表があるかもしれないでゲソ。

☆パスワード不要の実用的な方法を教えていただきました。
詳しくはGrub2ランダム表示追記でゲソ 2のエントリーを合わせてご覧ください。


今回はシンプルに2つの画像でやるでゲソ。
使う画像はだいたい想像つくでゲソ。

GRUB2とイカ娘

GRUB2とイカ娘その2

この2つが入れ替わるでゲソ。
3つ、4つと増やすことも可能でゲソ。

まず使いたい2つの画像を用意するでゲソ。
前回png形式の壁紙を用意するといったけど、jpgでも大丈夫でゲソ。
形式はどちらかに合わせて置くでゲソ。
今回はjpgで話を勧めるので、注意するでゲソ。
使いたい画像が違う形式だったらGIMPなどで変換するでゲソ。
用意した画像は自身のホーム・フォルダに置いておくでゲソ。
そしたら次の呪文で画像を移動させるでゲソ。
$ sudo cp 画像名.jpg /boot/grub
次にまた呪文を唱えて設定ファイルを開くでゲソ。
$ sudo gedit /etc/grub.d/05_debian_theme

GRUB2設定ファイル2

色のついた3行をイカ(以下)の内容に差し替えるでゲソ。

WALLPAPERDIR="/boot/grub/"
i=`ls $WALLPAPERDIR*.jpg | wc -l`
RANDOM=$(( $(od -vAn -N4 -tu4 < /dev/urandom) % i ))
set "画像名1.jpg" "画像名2.jpg" \
"色ノーマル1/black" "色ノーマル2/black" \
"色ハイライト1/black" "色ハイライト2/black"
shift $RANDOM
WALLPAPER=$WALLPAPERDIR$1
shift $i
COLOR_NORMAL=$1
shift $i
COLOR_HIGHLIGHT=$1
unset i WALLPAPERDIR RANDOM

差し替える内容を説明するでゲソ。

WALLPAPERDIR="/boot/grub/"
ここに、画像ファイルのある場所を示しているでゲソ。
*画像は画像でまとめて管理したい場合は、例えば
WALLPAPERDIR="/boot/grub/images/"
と、「images」というフォルダーをひとつ作ってそこに画像を入れると便利でゲソ。
その場合次の呪文でフォルダーを作れるでゲソ。
$ sudo mkdir /boot/grub/images
そこに画像を移動させたい場合はこの呪文でゲソ。
(画像はあらかじめホーム・フォルダに置いて置くでゲソ。)
$ sudo cp ./画像名1.jpg 画像名2.jpg /boot/grub/images/
(2つの画像を移動する場合でゲソ。)


i=`ls $WALLPAPERDIR*.jpg | wc -l`
この行で、画像ファイルの数を数えるでゲソ。
拡張子によって、.jpg の部分を .png 等に置き換えるでゲソ。←ここ重要でゲソ。

set "画像名1.jpg" "画像名2.jpg" \
「画像名1」「画像名2」をそれぞれ用意した画像のファイル名に変えるでゲソ。
*画像を増やしたい場合は
set "画像名1.jpg" "画像名2.jpg" "画像名3.jpg" \
と後ろに続けるでゲソ。


"色ノーマル1/black" "色ノーマル2/black" \
"色ハイライト1/black" "色ハイライト2/black"

「色ノーマル1」「色ハイライト1」が「画像名1」に対する文字色指定でゲソ。
「色ノーマル2」「色ハイライト2」が「画像名2」に対する文字色指定でゲソ。
用意した画像の数だけ追加するでゲソ。←ここ重要でゲソ。

使える色は、
dark-gray、light-blue、light-green、light-cyan,
light-red、light-magenta、yellow、white
の中から選べるらしいでゲソ。

文末にある「 \」は、改行をエスケープするために書いているので、
途中で改行が含まれる場合は必要でゲソ。
*「 \」この「\」の前の半角スペースを忘れるとエラーになるでゲソ。注意するでゲソ。

画面を閉じたら、一度
$ sudo update-grub2
($ sudo update-grubでもOK)
と呪文を唱えて、設定の変更を確定しておくでゲソ。

05_debian_themeファイルの変更例をあげておくでゲソ。
画像は/boot/grub/images/で管理している設定でゲソ。
これが上にあげたGRUB2の2つのスクリーンショットの設定でゲソ。

GRUB2の設定

最後に画像の変更をするためのコマンドを自動起動するように設定するでゲソ。
「システム」>「設定」>「自動起動するアプリ」を起動して、
gksudo /usr/sbin/update-grub2
をコマンドとして設定するでゲソ。
(後は自分がわかりやすいようにすればいいでゲソ。)

自動起動の設定

これで、起動するときにrootのパスワードが求められるようになるけど、
壁紙や文字色が切り替わるようになるんじゃなイカ?

*壁紙の変更(パスワードの入力)が煩わしくなったら、
上で設定した自動起動するプログラムの設定のチェックを外すでゲソ。
そうすれば、次回の画像の変更以後、画像が固定されて、
パスワードも求められないようになるでゲソ。


*あくまでも自分の責任の範囲内でやるでゲソ。
関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

パスワードなし自動起動してみました。

はじめまして。
以前からgrubの壁紙をランダム選択できないあかなぁと考えては挫折していたんですが、
この記事のおかげでついにランダムにすることが出来ました!
ありがとうございます!!

ただ、毎回パスワード入力をするのはやっぱり面倒だなぁ、と思ったので。
私なりの解決法をつぶやいておこうかと思います。
誰かの参考になれば幸いです。

---------------
//rootのcrontabを編集。
$sudo crontab -e

//最下行に下記の3行を入力して保存。
//(環境によっては上2行は必要ないかもしれません。)

SHELL=/bin/sh
PATH=/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin
@reboot update-grub2
---------------

これでうちの環境(ubuntu10.10)ではパスワード入力を回避しつつ
ubuntu起動毎にgrub壁紙ランダム化が出来るようになりました~♪
プロフィール

TOY

Author:TOY
萌え萌えmoebuntu
ようこそ!
moebuntuサイト
moebuntu wiki
お気軽にコメントください。

Auto-Translate
最新記事
最新コメント
tweet
萌え萌えAD




月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
カテゴリークラウド
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
最新トラックバック