FC2ブログ

久しぶりにClamTkでウイルスチェックしたら隔離や削除ができなかった、その対処

★画像アップ先の不調により、過去のエントリーで画像が見られないものが多数あります。もし画像の見たいものがありましたらご連絡いただければ復活するようにします。

2年くらい前にUbuntu 18.04 LTS でウイルス対策(ClamAV)してみたでウイルスチェックした時は何も引っかからなかったので、気が付かなかったのですが、(その後もやったかもしれないけど)今回久しぶりにチェックしてみたら、2つほど潜在的脅威が確認できたものの、隔離や削除ができませんでした。

潜在的脅威が見つかった様子
ClamTk


\もしよかったらお願いします。/
●受取人の欄にmoebuntu★gmail.com(「★」は「@」に置き換える)で寄付(15円〜)できます。
Amazonギフト券(Eメールタイプ)
Amazonギフト券(Eメールタイプ)

ClamTk周りの設定について

Ubuntu 18.04 LTS でウイルス対策(ClamAV)してみたをご参照ください。

隔離や削除ができない原因

どうやら日本語特有のマルチバイト文字関連が原因らしいです。

対処方法

【Ubuntu】ウィルス対策。ClamTkが上手く動作しないときの対処あれこれ。に書かれている方法で対処できました。

手順

端末(Ctrl+Alt+T)を開いて以下を入力適用してclamtk ファイルを開きます。(Terminal~$)

sudo gedit /usr/bin/clamtk 

ClamTk

開いたファイル45行目あたりに以下を追加します。

setlocale( LC_TIME, 'C' ); 

45行目に「setlocale( LC_TIME, 'C' ); 」を追加した様子
ClamTk

これで保存すれば対処完了です。

対処後のウイルスチェック

再度ウイルスチェックを掛けます。

ClamTk

検査が完了して冒頭の「潜在的脅威」が見つかった状態です。

ClamTk

今回は対処前には出なかった結果がちゃんと表示されました。

ClamTk

そして該当のファイルも削除できました。

ClamTk

関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TOY

Author:TOY
萌え萌えmoebuntu
ようこそ!
moebuntuサイト
moebuntu wiki
お気軽にコメントください。

Auto-Translate
最新記事
最新コメント
tweet
萌え萌えAD




月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
カテゴリークラウド
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
最新トラックバック