FC2ブログ

Linux向け軽量お絵書きアプリAzPainter(ver 2.1.3)を久々にインストール

★画像アップ先の不調により、過去のエントリーで画像が見られないものが多数あります。もし画像の見たいものがありましたらご連絡いただければ復活するようにします。

1年位前にLinux向け軽量お絵書きアプリAzPainter(ver 2.1.1)をインストールしてみたでインストールして後、マシン自体をアップグレードした関係もあって、再インストールしていなかったのですが、先日Linux向け軽量お絵書きアプリAzDrawingで実際に漫画(?)を描いてみたを使ってみて、改めてAzPainterを使ってみようと思いインストールしてみました。アプリのインストール方法(コンパイルが必要)も載せたので参考にしてみてください。

【追記】コメントにてPPAで入れられると教えていただきました。それに伴いPPAによるインストール方法も追記しました。

AzPainterで少し真面目に試し描き
AzPainter


\もしよかったらお願いします。/
●受取人の欄にmoebuntu★gmail.com(「★」は「@」に置き換える)で寄付(15円〜)できます。
Amazonギフト券(Eメールタイプ)
Amazonギフト券(Eメールタイプ)

AzPainter

久々に使ってみた印象

Linux向け軽量お絵書きアプリAzDrawingで実際に漫画(?)を描いてみたのときに「純粋に漫画を描く用途であればAzPainterよりもこのAzDrawingを使ったほうがいいでしょう。」と書いたのですがAzPainterの中にほぼすべての機能が含まれている且つより開発が進んでいるので純粋な漫画用途でもAzPainterで良さそうでした。AzPainterは16bitで8bitのAzDrawingに比べて倍のメモリーを消費するので、プアな環境ではAzDrawingの方がいいかもしれないのですが、モノクロ的な使い方ではAzPainterのレイヤータイプを「アルファ値のみ(1bit)」にすることでAzDrawingとあまり変わらないメモリー消費で使うことができそうです。

AzPainter

アルファ値のみ
AzPainter

これだけはやっておきたい設定

(キーボードの)ショートカットの設定

AzDrawing同様ショートカットのたぐいがほぼ設定されていないようなので、「設定ほか」>「キャンバスキー設定」、「ショートカット設定」を開いて、お好きなキーを割り当てるといいでしょう。

ブラシの設定

デフォルトでは、イラストを描いていてeraser(消しゴム)などサイズの調整をして使ってペンなど持ち変えてもう一度eraserに戻った際、消しゴムのサイズがもとに戻ってしまって不便に感じました。そこでいろいろ探ったところ、以下の設定を見つけて「値が変化したら常に保存する」にチェックを入れることでその挙動は解消されました。

AzPainter

その他

マニュアル (日本語)が用意されているので参考に。

インストール方法

Ubuntu系の環境であれば以下のPPAでインストールできるそうです。端末(Ctrl+Alt+T)を開いて以下を入力適用すればOKです。($は含まない)

sudo add-apt-repository ppa:alex-p/azpainter
sudo apt update
sudo apt install azpainter

コンパイルで入れる場合の方法

インストール方法はソース内のREADME_jaに書かれているとおりにやれば大丈夫(なはず)です。

ソースの入手

(Linux) AzPainterOSDN - AzPainterに行き「azpainter-2.1.3.tar.xz」をダウンロード&解凍し、作業しやすいようにフォルダを自身のホームに移動しておきます。

コンパイルの準備

わたしの環境はUubntu 18.04なので、それを前提に書きます。他の環境では違う場合があるので、詳しくはソース内の「README_ja」をご参照ください。

(「azpainter-2.1.3」フォルダがホームにある状態で)端末(Ctrl+Alt+T)を開いて以下を入力適用し、「azpainter-2.1.3」のディレクトリ(フォルダ)に移動します。($は含まない)

$ cd azpainter-2.1.3

引き続きコンパイルに必要なものをインストールします。(Ubuntu の場合)以下を入力適用すればOKです。

$ sudo apt install gcc make libx11-dev libxext-dev libxi-dev libfreetype6-dev  libfontconfig1-dev zlib1g-dev libjpeg-dev

*RedHat系他の場合必要なパッケージが違うので「README_ja」を参照してください。

コンパイル&インストール

あとは以下を1行ずつ入力適用すればインストール完了となります。

$ ./configure
$ make
$ sudo make install-strip

もしエラーが出てインストールに失敗する場合はエラー内容を確認しましょう。コンパイルに必要な何かが不足している可能性があります。「README_ja」に書かれている「必要なパッケージ」をそのままコピペすると改行の影響で「libfontconfig1-dev zlib1g-dev libjpeg-dev」がインストールされないかもしれません(私はこれで一度失敗しました。)。上記「コンパイルの準備」で載せたものはそのままコピペで大丈夫なはずです。

起動

上記の操作で無事インストールでき、問題なく起動できました。

AzPainter

関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

UbuntuであればPPA追加でのインストールも可能かと。
sudo add-apt-repository ppa:alex-p/azpainter
sudo apt-get update

Re: No title

ykoba さん、こんにちは。
いつも教えていただきありがとうございます。

PPAあったんですね!
昔しPPAで入れた記憶はあったのですが、
その後のヴァージョンで見かけなくなってコンパイルが必要だと思っていました。
追記しておきます。
プロフィール

TOY

Author:TOY
萌え萌えmoebuntu
ようこそ!
moebuntuサイト
moebuntu wiki
お気軽にコメントください。

Auto-Translate
最新記事
最新コメント
tweet
萌え萌えAD




月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
カテゴリークラウド
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
最新トラックバック