FC2ブログ

Ubuntu 18.04 LTS でUNetbootinが表示されない、その対処方法

★画像アップ先の不調により、過去のエントリーで画像が見られないものが多数あります。もし画像の見たいものがありましたらご連絡いただければ復活するようにします。

Ubuntu 18.04 LTS (Bionic Beaver)環境になってからUNetbootinを使おうとインストールしたのですが、起動すると以下のように何も表示されない状態でしたorz。

困りつつしばらく放置していたのですが、対処方法がわかったのでご紹介します。

UNetbootinで何も表示されない様子
UNetbootin


\もしよかったらお願いします。/
●受取人の欄にmoebuntu★gmail.com(「★」は「@」に置き換える)で寄付(15円〜)できます。
Amazonギフト券(Eメールタイプ)
Amazonギフト券(Eメールタイプ)

対処方法

Ubuntu+UNetbootinでLinux MintのLive USBを作ろう!に紹介されていました。端末(Ctrl+Alt+T)を開いて以下を入力適用して起動すればOKです。(Terminal~$)

sudo QT_X11_NO_MITSHM=1 unetbootin

UNetbootin

正常な状態
UNetbootin

よかった。

お願い

これもし恒久的に適用する方法ご存知でしたら教えてください。「.desktop」ファイルを細工すれば良さそうな気はするのですが…。

【追記】対策方法

コメントにて対策方法を教えていただきました。

*【注意】この方法は端末起動に限ります。メニューからの起動の場合は反映されません。

自身のホームにある.bashrc(隠しファイル[Ctrl+H]で表示)を開いて以下を追記(一番下でOK)保存します。

alias unetbootin='sudo QT_X11_NO_MITSHM=1 unetbootin'

あとは使うときに端末(Ctrl+Alt+T)を開いて単に以下を入力適用で正常に起動できます。($は含まない)

$ unetbootin

ちなみにUNetbootinのインストール方法

上記サイトにあるとおりですが、端末(Ctrl+Alt+T)を開いて以下を入力適用すればOKです。($は含まない)

sudo add-apt-repository ppa:gezakovacs/ppa
sudo apt-get update
sudo apt-get install unetbootin    

ちなみに使い方

かなり古い記事ですがUNetbootinって簡単なんだねにある使い方と特に変わりはありません。

関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いつもお世話様です。

$ sudo unetbootin だけで開く方法ですが、
QT_X11_NO_MITSHM=1 は環境変数っぽいので、ホームディレクトリの .bashrc の最終行にでも
QT_X11_NO_MITSHM=1
と追加しておけばいいように思います。

あるいは、やはり .bashrc に
alias unetbootin='QT_X11_NO_MITSHM=1 unetbootin'
と追加してもいいように思います。

上の方法だと、常時 QT_X11_NO_MITSHM=1 が有効になっているので、それだと都合が悪ければ、下の方法の方がよいと思います。

ただし、どちらも実際に試したわけではないので、間違っていたらすみません。

Re: No title

tapaboy さん

コメントありがとうございます。
両方試してみたのですが、残念ながらダメ(変化なし)でした。

No title

TOYさん

うーん、的外れでしたか。すみません。
調べ直してみます。
成果があったら、書き込みますね。

Re: No title

tapaboy さん

> 成果があったら、書き込みますね。

ありがとうございます。
まあ、特に困ることではないし、
時間が解決するような気もするので、
あまりお手を煩わせないでくださいね。

No title

仮想デスクトップ環境でやってみたところ、 ホームディレクトリの.bashrc に
alias unetbootin='sudo QT_X11_NO_MITSHM=1 unetbootin'
(「sudo」も入れてしまうのがミソ)
と追記して、使うときは単に、
$ unetbootin
(sudoはいらない)と入力すると、パスワードを聞いてきて、パスワード入力後、通常のunetbootinの画面が出てきました。

なお、ちょっと試したり調べてみたところ、セキュリティ上の理由でデフォルト状態では、sudoはユーザの環境変数をそのまま引き継ぐわけではないことと、sudoではaliasコマンドは使えないことがわかりました。

また、/etc/sudoersファイルを編集する(非推奨)か/etc/sudoers.dディレクトリに設定ファイルを追加するかすることにより、読み込む環境変数等を編集できるようですが、間違えるとsudoコマンド自体が使えなくなるという悪夢のような状況になりますので、やらない方がよいでしょう。

Re: No title

tapaboy さん

ありがとうございます。うまく行きました。
というか、.bashrcの動作についてちょっと勘違い(というか何も考えてない)していた部分があって、
普通にメニューからの起動で確かめてしまっていました。
この方法の場合、端末経由で起動かけないといけなかったのですね^^;。
後ほど、追記させていただきます。

メニューから起動の場合はやはり.desktopファイル(探したけど見つからなかった。)に相当するものをいじることになるんでしょうね(?)。
プロフィール

TOY

Author:TOY
萌え萌えmoebuntu
ようこそ!
moebuntuサイト
moebuntu wiki
お気軽にコメントください。

Auto-Translate
最新記事
最新コメント
tweet
萌え萌えAD




月別アーカイブ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
カテゴリークラウド
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
最新トラックバック