FC2ブログ

Ubuntu 18.04 LTS (Bionic Beaver) ログイン画面とそのロック画面の萌え化方法

★画像アップ先の不調により、過去のエントリーで画像が見られないものが多数あります。もし画像の見たいものがありましたらご連絡いただければ復活するようにします。

Ubuntu 18.04 LTS (Bionic Beaver) 用萌え化テーマ完成! で取り上げたログイン画面の萌え化方法は簡易的なもので、システムのアップデートなどでもとに戻ってしまう可能性があるものでした。今回の手順は(ちょっと面倒ですが、)おそらく恒久的な方法となります。それとあわせて、ログイン画面時のロック画面の萌え化方法もご紹介します。ちなみにどちらもやり方自体はUbuntu 17.10のときと同じです。

その他Ubuntu 18.04 LTSの萌え化方法は↓こちらをご覧ください。

Ubuntu 18.04 LTSのログイン画面(GDM)を萌え化した様子
Ubuntu 18.04 LTS ログイン画面の萌え化

ログイン画面時のロック画面を萌え化した様子
Ubuntu 18.04 LTS ログイン画面の萌え化


\もしよかったらお願いします。/
●受取人の欄にmoebuntu★gmail.com(「★」は「@」に置き換える)で寄付(15円〜)できます。
Amazonギフト券(Eメールタイプ)
Amazonギフト券(Eメールタイプ)

[恒久版]ログイン画面の萌え化

下準備

事前にUbuntu 18.04 LTS (Bionic Beaver) 用萌え化テーマ完成! で MoePinkShell2Themeをダウンロードし、それぞれ所定の位置に入れておく必要があります。ただし今回「ubuntu.css」は使いません。

必要としない作業

  • ubuntu.css → /usr/share/gnome-shell/theme/ *既存のファイルと置き換える。

【追記】
ただし、デスクトップの設定で「プライバシー」>「画面ロック」を「オン」にしている場合は、ロック解除画面に影響するので上記操作も必要です。

必要な作業

  • MoePinkShell2(フォルダ) → /usr/share/themes/
  • ubuntu-logo.png → /usr/share/plymouth/ *既存のファイルと置き換える。

ログイン画面萌え化手順

「G Alternatives[Alternatives Configurator]」(なければUbuntuソフトウェアからインストール)を起動し左ペインから「gdm3.css」を選び、右側の空いているところで右クリックで「新規」を選択します。

Ubuntu 18.04 LTS ログイン画面の萌え化

警告画面が出るので、「OK」を押します。

Ubuntu 18.04 LTS ログイン画面の萌え化

ここで以下のように「MoePinkShell2」内の「gnome-shell.css」を指定するように入力し、「Priority」は「50」などにし、「OK」を押します。

  • Path:/usr/share/themes/MoePinkShell2/gnome-shell/gnome-shell.css
  • Priority:50

Ubuntu 18.04 LTS ログイン画面の萌え化

新たに登録した上記gnome-shell.cssをラジオボタンで指定し、画面下にある「適用」を押します。

Ubuntu 18.04 LTS ログイン画面の萌え化

認証画面が出るので管理者のパスワードを入力し、「認証」ボタンを押します。

Ubuntu 18.04 LTS ログイン画面の萌え化

これで画面下にあった「適用」ボタンがなくなっているのが確認できます。設定は以上です。

Ubuntu 18.04 LTS ログイン画面の萌え化

再起動すると以下のような萌え化したログイン画面となります。

Ubuntu 18.04 LTS ログイン画面の萌え化

注意事項

上記の設定でログイン画面自体は恒久的に萌え化されると思いますが、「moebuntu」のロゴはシステムのアップデートによりもとに戻ってしまうかもしれません。その際は再度「 MoePinkShell2Theme」の以下の操作で直ります。

  • ubuntu-logo.png → /usr/share/plymouth/ *既存のファイルと置き換える。

お願い

もし「moebuntu」ロゴも恒久的に変える方法をご存知でしたら教えてください。

ログイン画面の背景画像を変更するには

ログイン画面の背景画像は「/MoePinkShell2/gnome-shell/assets/moebuntu_bg.png」にあるので、この「moebuntu_bg.png」をお好きな画像を同名にし差し替えればOKです。もしくは「/MoePinkShell2/gnome-shell/gnome-shell.css」をエディタで開いて「1815行」あたりに「file:///usr/share/themes/MoePinkShell2/gnome-shell/assets/moebuntu_bg.png」があるので使いたい画像の名前とディレクトリを置き換えてください。

*上記操作するには管理者権限が必要です。端末(Ctrl+Alt+T)を開いて sudo nautilus と入力適用してNautilusを開きます。

例えば「ピクチャ」ディレクトリに使いたい画像がある場合以下のような感じになります。使う画像は「PNG」にしてください。

Ubuntu 18.04 LTS ログイン画面の萌え化

修正したら保存して再起動して確認しましょう。

画像を変更した例
Ubuntu 18.04 LTS ログイン画面の萌え化

ログイン画面時のロック画面の萌え化

変更前
Ubuntu 18.04 LTS ログイン画面の萌え化

変更手順

まず以下の「画像変更用セット」をダウンロードします。

画像変更用セット: ダウンロード(Login_LockScreen.tar.xz)

ダウンロードしたら解凍して中身をそれぞれ所定の位置へ入れます(操作には管理者権限が必要です)。

  • 「gdm」:ファイルを「/etc/dconf/profile/」へ。
  • 「gdm.d/01-screensaver:」:フォルダごと「/etc/dconf/db/」へ。
  • 「moebuntu_bg.png」(ハートの背景画像);ファイルを「/usr/share/backgrounds/」へ。

つぎに端末(Ctrl+Alt+T)を開き以下の操作で「Dconf(なければUbuntuソフトウェアからインストール)」をアップデートします。

$ sudo dconf update

これで萌え化したロック画面になります。

変更後
Ubuntu 18.04 LTS ログイン画面の萌え化

違う画像を使いたい場合

「/usr/share/backgrounds/」に画像を入れてファイル名を「moebuntu_bg.png」にするか、「01-screensaver:」ファイルを開いて「moebuntu_bg.png」の名前を使いたい画像のファイル名に置き換えればOKです(操作には管理者権限が必要です)。「$ sudo dconf update」をしたあとから変えた場合は下記「再度画像を変える場合」の手順を取ってください。

再度画像を変える場合

*再度画像を変える際は注意が必要です。上記「/opt/corp/background.jpg」の画像を変えてDconfをアップデートしても変わらないようです。

以下の手順で変更できます。

  • 「01-screensaver:」一度を削除(もしくはどこかに移動して取っておく)。
  • 一度Dconfをアップデートします。
  • 再度「01-screensaver:」を用意し、新たに使いたい画像のファイルを指定し直す。
  • もう一度Dconfをアップデートします。
関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

今のところ

お疲れ様です
実機にテストでいれましたが、
3つともダメでした。
Ubuntu.cssを元に戻すと、茶色い画像でした。
また頑張ってみます。

Re: 今のところ

試していただきありがとうございます。
変ですねぇ

私の環境では↓この状態で大丈夫です。
*ちなみにubuntu-.cssは萌え化した方(バックアップ)です。
https://i.imgur.com/g1v14uO.png

ubnutu.cssについて

お疲れ様です。
 せっかくUserThemeを使うので、ubuntu.cssはgnome-shell.cssのシンボリックリンクにして。同じ内容のubuntu.cssはMoePinkShell2には入れないほうが、気持ちいいのではと思います。
 完成度を目指して、ubuntu.cssのリネームとシンボリックリンク自体は、デフォルトとして採用し、スクリーンロックがいらない場合はしなくてもいい事項とする方が、前向きかなと思います。
どうでしょうか?

Re: ubnutu.cssについて

意見ありがとうございます。
私的には、システムとしての完成度よりもわかりやすさを重視したいと思っています。
つまり、テーマファイルのセットを所定の位置にただ置けば(差し替え)いいと言うのはシンプルでわかりやすいけど、
コマンド操作が混ざると煩雑になるかな〜と感じています。
また、ubnutu.cssを差し替えることで済むのにわざわざG Alternativesで設定する必要性もないのではと思ったりもしています。

そこで逆に考えてみたのですが、↓このようにするのはいかがでしょうか?
MoePinkShell2Theme自体やめて、MoePinkShell2の中にubuntu-logo.pngも入れてしまって、
MoePinkShell2を/usr/share/themes/に入れたあと、
(逆に)コマンドで、ubnutu.cssのシンボリックリンクと、ubuntu-logo.pngの差し替えをすることにする。
G Alternativesでの設定は(より完成度を目指したい人向けに)オプション扱いにする。
*G Alternativesでの設定をやると逆にアップデートでubnutu.cssがもとに戻ったことに気づきづらくなるデメリットもある。
*ubuntu-logo.pngファイルは裸のまま入れるか見えないようにassetsの中に入れてしまうか?

思いつかなかったですね・・リンクのコピーできるんですね

お疲れ様です。
 すいません。えーと、どこまでわかりやすさを考えますか?
 ①一番簡単のなのは、以前私がDebianでやった、gnome-shell.cssつまりubuntu.cssを置き換えることです。(一度アップデートで戻されましたが。^^;)これだとG alternativeがもともとのubuntu.cssに設定されてますから、一番簡単です。
 ②shell-extentionのuser-themeを使うなら、/usr/share/themes/へのMoePinkShell2のコピーが必要になります。

 ええと、すいません、②でubuntu.cssとのシンボリックリンクとやるとのことのように読めるのですが、それで良いでしょうか?
 あ、今メールをみました、シンボリックリンクのubuntu.cssがコピーできるのを利用するのですね。これは、簡便ですし、実態にもあっていますし、流儀にものっとってるのでいい解決だと思います。賛成です。(メールをチェックしていませんでした。すみませんでした。)
 Galternativeは、そもそもデフォルトでシンボリックリンクでgdm3.cssをubuntu.cssにリンクを貼ってあるので、シンボリックリンクのさらにリンクということで、そのまま何もしないで、最終的に、
/usr/share/themes/MoePinkShell2/gnome-shell/gnome-shell.css
をさすことになりますので、設定は不要になります。
 ということで、MoePinkShell2の中にubuntu-logo.png、シンボリックリンクのubuntu.cssを入れて各所にコピーしてもらうのが、shell-extentionのuser-themeを使った、方法として意味もあり、流儀にもあった、解決法のようですが、どうでしょうか?(いやーシンボリックリンクのコピーとは考え付きませんでした^^;)
とりあえず、3台実機を試しましたが、問題はありませんでした。

Re: 思いつかなかったですね・・リンクのコピーできるんですね

お疲れ様です。

>  すいません。えーと、どこまでわかりやすさを考えますか?

ユーザーテーマを使う方法です。

今考えているのはコマンドを使う代わりにやることはシンプルな方法。
MoePinkShell2のみにして中身は↓この構成(ubuntu.cssは添付しない)。
/usr/share/themes/MoePinkShell2/gnome-shell
/usr/share/themes/MoePinkShell2/index.theme
/usr/share/themes/MoePinkShell2/ubuntu-logo.png
あとは以下の呪文でOKとする。
 $ sudo mv /usr/share/gnome-shell/theme/ubuntu.css /usr/share/gnome-shell/theme/ubuntu.bak.css
 $ sudo ln -s /usr/share/themes/MoePinkShell2/gnome-shell/gnome-shell.css /usr/share/gnome-shell/theme/ubuntu.css
 $ sudo mv /usr/share/plymouth/ubuntu-logo.png /usr/share/plymouth/ubuntu-logo.bak.png
$ sudo cp /usr/share/themes/MoePinkShell2/ubuntu-logo.png /usr/share/plymouth/ubuntu-logo.png
システムのアップデートで戻った際は何も考えずに↓これだけやれば修復できる。
$ sudo ln -s /usr/share/themes/MoePinkShell2/gnome-shell/gnome-shell.css /usr/share/gnome-shell/theme/ubuntu.css
( $ sudo cp /usr/share/themes/MoePinkShell2/ubuntu-logo.png /usr/share/plymouth/ubuntu-logo.png)

*Galternativeは使わない(オプション)。

この際これでいいかなと思いつつあります。いかがでしょう?

なるほど、TERMをひらいて、コピペの方かいいかもしれませんね

 お疲れ様です。
 なるほど、sudo nautilusでコピーよりも、アクティビテイにtermと打って端末をひらいて、コマンドをコピペの方が確かに簡単かもしれませんね。
 わたしも、ブログ等で、コマンドラインを保存して、引っ越しなどの時に、コピペで済ますのが楽で、よくやってますから。
 アップデートを考えると、シンボリックリンクの上に、ファイル実体を展開された場合を想定しないといけませんね。
 やってみました。意外というか当然というか結果は思わしくありません。(以前心配した通りのようです。)
 シンボリックリンクは、簡単に言えば実態と同じになるリンクです。ですから、たとえばデフォルトのファイルのubuntu.cssをシンボリックリンクのubuntu.cssにコピー(上書き)した場合、リンク先である、/usr/share/themes/MoePinkShell2/gnome-shell/gnome-shell.cssが変更されてしまいました。つまりはMoePinkShell自体がデフォルトに上書きされてしまい元に戻ってしまうのです。(すぐには反映されませんが、スクリーンロック後に反映されました。再起動すると一番わかると思います。)
 これですと、ダウンロードしなおして、/usr/share/themes/MoePinkShell2/gnome-shell/gnome-shell.cssをもとに戻さないと、元に戻りません。
 やはりシンボリックリンクは問題がありました。
 一番近い方法で簡便なのは、
$ sudo ln -s /usr/share/themes/MoePinkShell2/gnome-shell/gnome-shell.css /usr/share/gnome-shell/theme/ubuntu.css

$ sudo cp /usr/share/themes/MoePinkShell2/gnome-shell/gnome-shell.css /usr/share/gnome-shell/theme/ubuntu.css
として、
システムのアップデートで戻った際は何も考えずに↓これだけやれば修復できることとなります。
$ sudo cp /usr/share/themes/MoePinkShell2/gnome-shell/gnome-shell.css /usr/share/gnome-shell/theme/ubuntu.css

あと、Galternativeはgdm3.cssを/usr/share/gnome-shell/theme/ubuntu.cssにシンボリックリンクしてあるものなので、まったくデフォルトのままで操作は入りません。

試してみたところ、このような結果となりました、いかがでしょうか?

Re: なるほど、TERMをひらいて、コピペの方かいいかもしれませんね

お疲れ様です。
検証していただきありがとうございます。
シンボリックリンクだとアップデートの際MoePinkShell2の方のデータが置き換わってしまうということですね。
なのでcpコマンドのほうがいいと。
結果的にはロゴの場合と同様のコマンドになるので、
そのほうがよりシンプルとも言えますね。
今度その方向でまとめてみたいと思います。
プロフィール

TOY

Author:TOY
萌え萌えmoebuntu
ようこそ!
moebuntuサイト
moebuntu wiki
お気軽にコメントください。

Auto-Translate
最新記事
最新コメント
tweet
萌え萌えAD




月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
カテゴリークラウド
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
最新トラックバック