FC2ブログ

メインマシンが壊れたので急遽Ryzenその他を購入 その3 →8割方復旧完了!

★画像アップ先の不調により、過去のエントリーで画像が見られないものが多数あります。もし画像の見たいものがありましたらご連絡いただければ復活するようにします。

先日メインマシンが壊れたので急遽Ryzenその他を購入 その2で理由あってシステムを強化したのですが、Ubuntu 18.04を新規にインストールして復旧も8割方終わったのでその様子をご紹介します。

復旧したデスクトップ、右側は液タブ
Ryzenで復旧


\もしよかったらお願いします。/
●受取人の欄にmoebuntu★gmail.com(「★」は「@」に置き換える)で寄付(15円〜)できます。
Amazonギフト券(Eメールタイプ)
Amazonギフト券(Eメールタイプ)

理由とは

もともと使っていたUbuntu 16.04の入った3TBのハードディスクをつないで立ち上げたところ、普通に使えたのですが、Ryzenとの関係か(?)セカンドモニター(液晶タブレット)が認識しないことが発覚しました。そこで、Ubuntu 18.04 LTSのLive USBで起動したところ問題なくセカンドモニターを認識したので、Ubuntu 18.04 LTSにすれば問題が解決するとわかり、さらに3TBのハードディスクは「/home」を別に設定しているので、システムだけ新しくすることもできたのですが、最終的にSSD+HDDの組み合わせの誘惑により、安全も考えて新調することにしました。

復旧したマシンの内部 Ryzenで復旧

M.2規格のSSD+HDD

組み合わせの詳細

M.2規格のSSD( ASX6000NP-128GT-C [128GB SSD XPG SX6000 M.2 2280 TLC(3D NAND) NVMe PCIe Gen3x2 5年保証] )にはUbutnu 18.04のシステムを入れ(「/」を指定)、HDD(WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 4TB WD Blue WD40EZRZ-RT2 SATA6Gb/s 5400rpm 2年保証 )には「/home」を設定しました。ちなみに最近はスワップファイルを使うとのことなので、スワップバーティーションは作りませんでした。

*M.2規格のSSDは端子のタイプが3種類あって迷うところですが、少なくとも上記のSSDは問題なく繋がり、普通にBiosで認識されました。

結果

いままでHDDのみでの運用だったので、それとの比較ですが、起動が爆速になりました。HDDのみだったときの起動は体感1分くらいかかったのが、今回のシステムでは体感で10秒くらいで起動できるようになりました。アプリなんかものSSD側にインストールされるので、アプリの起動も格段に速くなりました。

復旧手順

システムを入れたあと、必要なアプリケーションをインストールし、それぞれのアプリの設定は、旧HDDをつないで、home内にあった設定ファイル(大体「.config」と「.local」内にある)を必要に応じて差し替えました。また旧HDDのデータもほぼま るまる新HDDへコピーしました。

*旧HDDの設定ファイルは不要なものもたくさんあるはずなので、丸々はコピーしませんでした。

静音性

前のシステムは特に対策もしなかったので、とにかくうるさかったのですが、どのくらいうるさいかというと(それが原因かわからないけど)夜寝るときに耳鳴りがするくらいでした。今回のシステムになってからは負荷がかかっていないときはほぼ無音になりました。負荷がかかってクーラーの回転数が上がるとそれなりにしますが、以前に比べたら格段に静かです。

まとめ

今回結果的にケースと電源以外新しくなりましたが、相性とかの問題はとくに見受けられず、今の所快調に使えています。今回ほとんど最低価格帯でパーツを集めて組んだので、よかったら参考にしてみてください。ただし何かあっても責任は取れませんので、あくまでもご自身の責任の範囲内でお願いします。

それと、前々回のコメントで、「RyzenとKritaの相性」についてのご質問があり、そのとき(Ubuntu 16.04+Ryzen+古いKritaのバージョンだった)は「ダメそう」と答えたのですが、今回「Ubuntu 18.04+Ryzen+最新のKritaのバージョン」でほんのちょっと試してみたかぎりは問題なく使えそうでした。今度改めて記事にするつもりでいますが取り急ぎ。

かかった費用

*私の購入時の価格です。

AMD CPU Ryzen 3 2200G with Wraith Stealth cooler YD2200C5FBBOX ¥ 11,908
ASUS AMD B350搭載 マザーボード AMD AM4ソケット対応 TUF B350M-PLUS GAMING 【micro-ATX】 ¥ 11,077
CFD販売 デスクトップPC用メモリ PC4-19200(DDR4-2400) 8GBx2枚 288pin (無期限保証)(Crucial by Micron) W4U2400CM-8G ¥ 19,261
ASX6000NP-128GT-C [128GB SSD XPG SX6000 M.2 2280 TLC(3D NAND) NVMe PCIe Gen3x2 5年保証] ¥ 6,480
WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 4TB WD Blue WD40EZRZ-RT2 SATA6Gb/s 5400rpm 2年保証 ¥ 8,969
GELID 静音ファン Silent 80mm ハイドロダイナミックベアリング採用静音FAN Silent8GELID Silent8 ¥ 674
合計 ¥ 58,369

復旧でただ一つ問題が…

機械的なことではないのですが、なぜかNautliusでサムネイルが表示されません。おそらくシステムを再インストールすれば直ると思うんだけど、ここまで復旧してやり直すのだるいので、しばらくこのまま使うつもりです(代替で「Nemo」をインストールしました)。もしどなたか対処法ありましたら教えてください。ちなみにNautilusで画像ファイルのサムネイルが表示されない時の対処法にあるような「.cache/thumbnails」に鍵がかかっている状態ではありません。

おまけ

ところでお気づきになられたでしょうか? Ubuntu 18.04用のMoe-Pink13の様子です。ほぼ完成したので、今週末辺りにアップできると思います。

Ryzenで復旧

あ、あとUbuntu 18.04環境でも「萌え時計」も問題なく使えています(冒頭の画像参照)。

関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様です。

お疲れ様です。
Moe-Pink13
まってますよー^^

Re: お疲れ様です。

Mifjpn さん、こんにちは。

おまたせしております。
この記事を書いたときはまだ画像周りでちょっと修正が残っていましたが、
それも済んだので、もう一度全体を確認してからアップします。
思ったほど苦戦せずに済みました。
プロフィール

TOY

Author:TOY
萌え萌えmoebuntu
ようこそ!
moebuntuサイト
moebuntu wiki
お気軽にコメントください。

Auto-Translate
最新記事
最新コメント
tweet
萌え萌えAD




月別アーカイブ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
カテゴリークラウド
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
最新トラックバック