Ubuntu 17.10 (Artful Aardvark) 用【改訂版】萌えShellテーマ「MoePinkShell」設定方法

★画像アップ先の不調により、過去のエントリーで画像が見られないものが多数あります。もし画像の見たいものがありましたらご連絡いただければ復活するようにします。

*sudo nautilusでエラーになる場合の対処を追記しました。

先日のUbuntu 17.10 (Artful Aardvark) 用【暫定】萌えShellテーマ「MoePinkShell」のもう少しスマートな設定方法のあとまたMIFさんのパソコンのMifjpn さんとやり取りして前回まで「制限事項」としていた部分を解消することにしました。とりあえず(Ubuntu側よる)抜本的な対応が取られるまでは今回の方法が最終版となりそうです。

その他各種Ubuntu 17.10の萌え化方法は↓こちらをご覧ください。

Ubuntu 17.10萌え化したデスクトップ
Ubuntu 17.10 萌えShellテーマ「MoePinkShellTheme」


\もしよかったらお願いします。/
●受取人の欄にmoebuntu★gmail.com(「★」は「@」に置き換える)で寄付(15円〜)できます。
Amazonギフト券(Eメールタイプ)

テーマファイルのダウンロード

以下より“新しい”萌え化Shellテーマをダウンロードできます。

MoePinkShellTheme(.tar.xz):ダウンロード(2018年1月17日アップデート)

設定方法

下準備

事前にGNOME Shell Extensions(機能拡張)の設定をしておく必要があります。手順などはGNOME Shell Extensions(機能拡張)の設定の仕方を勉強したのエントリーをご覧ください。また、「GNOME Tweaks」も必要なのでインストール(Ubuntu Softwareからできます)しておきます。

テーマファイルのインストール

ダウンロードしたテーマファイル「MoePinkShellTheme(.tar.xz)」は解凍して中をそれぞれの位置に置きます。操作には管理者権限が必要なので、端末(Ctrl+Alt+T)を開いて sudo nautilus と入力適用してNautilusを開きます。

  • MoePinkShell(フォルダ) → /usr/share/themes/
  • ubuntu.css → /usr/share/gnome-shell/theme/ *既存のファイルと置き換える。
  • ubuntu-logo.png → /usr/share/plymouth/ *既存のファイルと置き換える。

*旧テーマファイルとの違いは「gdm3.css(リンク)」を「ubuntu.css(gnome-shell.cssのコピー)」に変更しただけです。
*「ubuntu.css」の差し替えにより前回までの「制限事項」が解消されます。
*中に入っている「ubuntu.css」は「MoePinkShell/gnome-shell/gnome-shell.css」と同じものです。

【追記】sudo nautilusでエラーにある場合の対処

Wayland環境では sudo nautilus などでGUIアプリを動かそうとするとエラーになります。その場合の簡単な解決策はUbuntu Tips : sudo、gksu で Gedit、Nautilus、Synaptic などの GUI アプリを起動できるようにするに書かれています。

そこで、最も簡単な解決策は xhost を使って一時的に root ユーザーがローカルユーザーの X セッションにアクセスできるようにすることです。

実際のやり方は端末(Ctrl+Alt+T)を開いて以下を入力適用すればOKです。($は含まない)

$ xhost si:localuser:root

このコマンドを実行した後は、ログアウトするまで sudo, gksu, pkexec を使って GUI アプリを起動することが可能になります。

上記サイトには「自動起動するアプリケーション」に登録する方法なども載っているので参考にしてみてください。

テーマファイルの適用

「GNOME Tweaks」を開き、「外観」>「GNOME Shell」の「デフォルト」ボタンをクリックして「MoePinkShell」を指定すればOKです。

Ubuntu 17.10 萌えShellテーマ「MoePinkShellTheme」

ログイン画面への適用

この項目は今回の新しい部分ですが、Ubuntuと協力関係にあるPop!_OSで使われている方法だそうです。

「G Alternatives」を起動し左ペインから「gdm3.css」を選び、右側の「〜ubuntu.css」を右クリックで「新規」を選択します。

*「G Alternatives」はSynapticパッケージマネージャから「galternatives」で検索してインストールします。メニューにはAlternatives Configuratorという名前で登録されます。

Ubuntu 17.10 萌えShellテーマ「MoePinkShellTheme」

警告画面が出るので、「OK」を押します。

Ubuntu 17.10 萌えShellテーマ「MoePinkShellTheme」

ここで以下のように「MoePinkShell」内の「gnome-shell.css」を指定するように入力し、「Priority」は「50」などにし、「OK」を押します。

  • Path:/usr/share/themes/MoePinkShell/gnome-shell/gnome-shell.css
  • Priority:50

Ubuntu 17.10 萌えShellテーマ「MoePinkShellTheme」

新たに登録した上記gnome-shell.cssをライオボタンで指定し、画面下にある「適用」を押します。

Ubuntu 17.10 萌えShellテーマ「MoePinkShellTheme」

認証画面が出るので管理者のパスワードを入力し、「認証」ボタンを押します。

Ubuntu 17.10 萌えShellテーマ「MoePinkShellTheme」

これで画面下にあった「適用」ボタンがなくなっています。これで設定は終了です。再起動すればログイン画面が萌え化されています。

Ubuntu 17.10 萌えShellテーマ「MoePinkShellTheme」

補足説明

変わる部分

デスクトップのShell部分の萌え化

トップバー、ランチャー、検索まわりのを萌え化します。

*デスクトップ全体を萌え化するには別途「Moe-Pink12(デスクトップテーマ)」が必要です。詳しくはUbuntu 17.10 (Artful Aardvark) の萌え化ひとまず完成! をご覧ください。

ログイン画面

ログイン画面に背景画像が設置され、ログイン画面下にあるUbuntuのロゴがmoebuntuのロゴに変わります。

Ubuntu 17.10 萌えShellテーマ「MoePinkShellTheme」

ログイン画面の背景画像を変更するには

ログイン画面の背景画像は「/MoePinkShell/gnome-shell/assets/moebuntu_bg.png」にあるので、この「moebuntu_bg.png」をお好きな画像を同名にし差し替えればOKです。もしくは「/MoePinkShell/gnome-shell/gnome-shell.css」をエディタで開いて「1788行」あたりに「file:///usr/share/themes/MoePinkShell/gnome-shell/assets/moebuntu_bg.png」があるので使いたい画像と置き換えてください。詳しくはUbuntu 17.10 (Artful Aardvark)でログイン画面に好きな背景画像を設定する方法 その2 のエントリーをご覧ください。

変わった部分

Ubuntu 17.10 (Artful Aardvark) の萌え化ひとまず完成! の時の萌え化したUbuntu.cssから変更した部分です。

ログイン画面に背景画像を設置

上記「ログイン画面に背景画像」のところでデフォで画像を設置。

ロック画面移行直線の画面色

デスクトップで一定時間触らずにいるとブラックアウトしてロック画面に切り替わるのですが、そのブラックアウトする部分を(たまたま)ピンク色に設定していましたが、Mifjpn さんから画面の焼付き防止のため「ブラック」のままのほうがいいんじゃないかとご提案いただき「ブラック」に戻しました。

もし焼付きなど気にしないから色を変えたいという人は「gnome-shell.css」の「198行」あたりにある「background-color: black; }」の「black」を「#ff33f4(ピンク)」など置き換えればOKです。

制限事項

別途テーマファイル化した影響でほんの少し制限事項があります。デスクトップのロック画面を解除する時の画面がUbuntuデフォルトの黒い画面のままです。今回の方法では↓このような黒い画面は出ず、「他のユーザーでログイン」した場合の画面と(ほぼ)同じものが出ます。

Ubuntu 17.10 萌えShellテーマ「MoePinkShellTheme」

ちなみに「他のユーザーでログイン」を押すと↓この画面になります。

Ubuntu 17.10 萌えShellテーマ「MoePinkShellTheme」

注意事項

システムのアップデートなどで差し替えた「ubuntu.css」が元の「ubuntu.css」に戻ってしまうかもしれません。その場合上記「制限事項」にあったUbuntuデフォルトの黒い画面が復活します。その場合は再度「ubuntu.css」を差し替えてください。

*なので、あらかじめバックアップファイルを(例えば「ubuntu_Pink.css」などとし)「/usr/share/gnome-shell/theme/」に置いておくと修復が簡単です。
*中に入っている「ubuntu.css」は「MoePinkShell/gnome-shell/gnome-shell.css」と同じものなので、もしバックアップしておかなかった場合は「gnome-shell.css」のコピーを取って「ubuntu.css」にリネームして使うこともできます。

お願い

おそらく現状無理だと思いますが、GNOME Shellのテーマ化に於いて上記「ubuntu.css」を差し替えない抜本的な解決方法をご存知でしたら教えてください。

関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様です。 こちらではご無沙汰です。

$ sudo nautilus で エラーが出て、
 調べて設定し直しても  出来なくて、、
  余計なもん いれちゃったかな?
と、 TOYさんから メッセージ
  設定 URL教えてもらい ぶじ エラー無しで
開きました。

 Wayland では 最も簡単な解決策は xhost を使って一時的に root ユーザーがローカルユーザーの X セッションにアクセスできるようにすること。

 でした、 このコマンドを実行した後は、ログアウトするまで sudo, gksu, pkexec を使って GUI アプリを起動することが可能になります。

これをログイン時に自動的に実行するには [ 自動起動するアプリケーション ] に以下を登録することで、
 
  無事解決 萌え化 無事進みそうです。
 
 ありがとうございました。

参考 URL 
http://baker-street.jugem.jp/?eid=638

サイトに 初音ミク、、 なんか、”みくんちゅ”
 思い出した。。 ヽ(^。^) w
みくんちゅ
http://mikunchu.wiki.fc2.com/

Re: お疲れ様です。 こちらではご無沙汰です。

tad_sz さん、こんにちは。

こちらにコメント入れてくれてありがとうございます。
Ubuntu 17.10のWayland環境ではエラーが出ることは小耳に挟んでいたのですが、
どこかに追記しようとは思いつつ忘れてました、近いうちに記事内にも追記しておきます。
プロフィール

TOY

Author:TOY
萌え萌えmoebuntu
ようこそ!
moebuntuサイト
moebuntu wiki
お気軽にコメントください。

Auto-Translate
最新記事
最新コメント
tweet
萌え萌えAD




月別アーカイブ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
カテゴリークラウド
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
最新トラックバック